■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■是非ともお願いしたい

自民党を離党し、すっかり穢れを清められた平沼赳夫先生が、
ようやく、御自分のサイトの更新を再開されました。

平沼赳夫オフィシャルホームページ

これはめでたい!

その中で今後の動向として気になる文章があります。
■全うな保守の再生を
 今回の私の一連の行動について、全国からメールを頂戴しています。ありがたいことに、「よくぞ筋を通した」「応援する」など、激励してくださっているものがほとんどです。ある野党の国会議員は、「あの一票は日本の政治の転換点だ」とまで言ってくれました。妻や娘からも『簡単に変節するようなお父さんなら軽蔑する』と言われました。
 今後のことですが、郵政民営化法案に造反し、無所属になっている議員は全部で13人いますが、みんな同床異夢です。私自身はおかげさまでありがたいことに政党助成金がなくても政治活動をやっていくことはできますが、若い人たちは政党助成金がないと苦しいでしょう。彼らのために、無所属クラブを作るのも一つの選択肢とも思いますし、一人で無所属で活動するということも当然あります。
 政界というのは一寸先は闇です。今後どのような展開になるのか全く予測できません。
 日本国民全体が催眠から目覚める日が遠くない将来に訪れると信じています。
 実際のところ自民党内でも内心では小泉首相のやり方に疑問を感じている議員も多いと思います。無所属であってもやれることはあるし、日本と郷土のために最大限のことをやりたいと思っています。
 現在の「保守」は間違った方向に来ています。真っ当な保守を再生することが今の我が国には必要なことだと考えます。そのことを視野に入れて、色々な連携、連帯を考えながら、今後行動して参ります

奥さんも娘さんもなんと素晴らしい。
男として外で戦ってくるぞ、という気持ちになりますね。

フェミ系人権サヨクが躍起になってぶっ壊そうとしている
「日本の家族」が平沼家には、やっぱりあります。
いや「人間の家族」とでも言いましょうか。

でも「無所属クラブ」とは言わずに、拉致議連や人権擁護法反対組など
を結集すれば良いじゃないですか。
これこそ「同床異夢」ではなく志を一つにする政党になると思いますよ。

拉致されても何もできない国と国民を多く作り出した政策ではなく、
三馬鹿に「この野郎」と堂々と言える国と国民を作る。
これでまとまった政党は、必ず国民の信を得られると思いますよ。
残念ながら安倍さんはもうその「党」に迎えることは難しくなりましが、
サヨクが多く潜み、カルト宗教と深い結びつきを持つ政党と連立を
組む自民より、平沼さんの「全うな保守」の考え方を持つ党のほうが
よっぽど国のためになります。

自民をベターとするなら平沼党はベストに成りえる、と思います。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。