■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■デンマークに勝利

【W杯】日本、歴史的勝利で決勝Tへ

 【ルステンブルク(南アフリカ)=森本利優、奥村信哉】サッカーのワールドカップ(W杯)は24日夜(日本時間25日未明)、ルステンブルクのロイヤルバフォケング競技場でE組の日本-デンマークを行い、日本が3-1で快勝、勝ち点を6として、同組の2位で1次リーグを突破し、決勝トーナメント進出を果たした。

 日本は前半17分に本田(CSKAモスクワ)、同30分に遠藤(G大阪)のフリーキックから直接ゴールを決めた。デンマークは後半36分、トマソンが1点を返したが、日本は同42分、岡崎(清水)が押し込んで3点目を挙げた。

 日本の決勝T進出は、2002年日韓大会に次いで、2大会ぶり2度目だが、自国開催以外のW杯では初めて。岡田武史監督は日本人監督として史上初めて1次リーグ突破を実現させた。

 決勝T1回戦で日本は、F組1位のパラグアイと29日午後4時(同午後11時)からプレトリアで初の準々決勝進出を懸けて対戦する。

 E組のもう1試合はすでに1次リーグ突破を決めているオランダがカメルーンに2-1で勝ち、3連勝で勝ち点を9に伸ばした。

 日本は初戦のカメルーン戦(14日、ブルームフォンテーン)に本田(CSKAモスクワ)のゴールで1-0で快勝。2戦目のオランダ戦(19日、ダーバン)では0-1で敗れた。



 マスゴミうるさいぞぉ・・・ホンダホンダ、オカダオカダ、カワシマカワシマ。。

 いやしかし、試合はよかった。寝不足で仕事することも苦にならん。
 ぼくにも選手起用や交代など色々と一家言はあるが、サッカーとはそういうスポーツだとサッカー先進国は体言しているということで。。。
 日本対デンマークを見て将来の日本のサッカーについてこう思うというところを書いておこう。4年後に読み返したときどう思うか。

 まず絶対的ストライカーが日本には出てくる土壌が非常に少ない。なぜならこの国は「和」の国だから(和の効力についてはもうみなさん見ての通りです)。
 だったら、攻撃はフリーキックが打てる位置まで確実に攻め込める戦術を突き詰めれば良いのではないか?
 たまにサイドからドリブルで進入する。ワンタッチパスでエリアに飛び込む。アーリークロスでズドンも狙う。ミドルレンジからも積極的に打つ。
 それは普通に試合中の選択としてありえる。全然問題ない。

 言いたいのは日本のスタンダードとすべきスタイルだ。そろそろ確立する時期ではないかと、何かで読んだ。
 もちろんどれが正解であるとかは言えない。日本にも釜本がいれば何も小細工はいらないのだから。

 でも毎回そんなクラスの大物が現れる確率にかける訳にはいかない。
 日本のスタイルとして、献身的に相手を追い掛け回してボールを奪取すると、美しいパス回しでゴール付近まで進出。そこからの得点パターンとして、フリーキックでバンバン取るチームだとすれば、ファウルを取られないように相手DFも引く、そのことによって流れの中のシュートも増えてくる。そこを得意戦術として磨くのはどうか。多種多様のフリーキッカーを備えるということは、日本にはそれほど難しいことではないと思う。
 今回のデンマーク戦のように成熟した展開ができれば、それは日本のスタイルとして認知されるようになるのではないか。

 もちろん、必須項目は「和」。これがなければ、日本の代表として機能しない。
 すべては「和」だが、動くボールを上手くシュートできないのなら、止まっているボールをシュートすれば良い。止めた状態でシュートを打てる環境をチームで作り出せば良い。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。