■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■AC&AC

中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。



 組織的やないけアホチン(AHO-China)。
 どこぞの貴族でもあらへんのに、なんで48人もかしずいて世話せなあかんねんこのアホチン(AHO-China)。

 最近では、子供手当てがキチガイ外国人どもに良いように利用されて、ぼくの税金が正に無駄使いされてるんやけども、この生活保護も昔からある代表的な-特に大阪では-キチガイ外国人-特にアホチョン(AHO-Chon)優遇制度となってる。もちろん税金の無駄遣いでしかも日本人を差別していることに他ならない。
 本当に大人しい平和友好的な日本人やからこそ特権で生きていられるということに、キチガイ外国人どもは気づいていない。それどころか増すまず増長し、挙句の果てに未だに被害者面。アホチン(AHO-China)とかアホチョン(AHO-Chon)とかはそろそろ覚悟しておいたほうがえーやろな。

 なぜなら日本人はプチッときれる。
 我々はかつて、大中華帝国とも大ロシア帝国とも、大白人帝国とも戦った誇り高く勇気ある(若干無謀な)民族だ。食い物にするにはそれなりの覚悟をしておいてもらうのがスジちゅうもんやろ。

 それにしてもほんま帰化できるのユルないか。7月に来て11月に取得て・・・
 ほんまこんなことまかり通る世の中になってもうたら、そら攘夷も激しなるでしかし。
 キチガイ外国人の世話はサヨクが自腹と我が身でやったらええねん。どうせヒマやろうしそれで心が満たされんねんやったらそれでえーやないけ。チョンに犯されチンにカネと命を取られ、それでもサヨクは満足して死ねるはずや。9条どおり先に殺されるんやから。
 それを見て少しでも目が覚める日本人が増えたら、それはそれで結果的には貢献したことになるやもしれんぞ(笑)
 まあサヨクのアホはアホなりに少しは日本に貢献しとけ、ちゅーこっちゃ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。