■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■9割正解

中国人が日本に抱く「10の誤解」とその真相-中国メディア(サーチナ)

 鳳凰網をはじめとする中国メディアは18日、「中国人が日本に対して抱く10の誤解」とする記事を掲載した。記事は、「日本による中国侵略と歴史否定は批判すべきものだが、日本の科学技術と経済発展は、中国にとって参考にすべき対象である」と主張。真実を受け入れたがらない一部の人間が流布(るふ)した噂(うわさ)が、中国人を反日に導いているとし、「これこそが日中関係における中国人の最大の問題であり、最大の悲哀である」と主張した。

 記事では一つ目の誤解として、「日本はこれまで一度も侵略戦争の謝罪を行っていない」とのうわさが存在するとしながらも、「実は、日本人は日中国交正常化の前から何度も謝罪している」と正した。さらに、毛沢東の言葉を引用したうえで、「われわれの先祖が戦争したのは事実だが、それは忘れてしまうべきだ」と主張した。

 続けて記事は、二つ目の誤解として、「日本の教科書には中国侵略戦争に関する記述がない」と紹介した。「中国ほど全面的に取り上げているわけではなく、改ざんもあるが」と前置きしつつも、日本の多くの教科書で中国侵略に関する記述が存在すると反論、改ざんのある教科書が採用されている割合は1%に満たないと反論した。

 また、三つ目の誤解として、「中国人は日本で犯罪を犯していない」というものがあるとし、2003年における日本の外国人犯罪のデータを示したうえで、「同年の2500人以上の外国人犯罪者のうち、8割が中国人だった」と報じた。

 さらに記事は、「日本は軍国主義国家である」、「日本人は世界でもっとも道徳のない国民である」といった誤解があると報じた。「2009年世界平和指数ランキングで中国は74位だったのに対し、日本は世界7位であり、アジアトップだった」と反論。「世界の国々において、日本国民に対する評価は中国人に対する評価よりもはるかに高いのが現実」とし、日本人は世界130以上の国でビザなしで入国できることを紹介した。その一方で、「中国人が大多数の国で入国ビザを要求されるのは、大多数の国が中国人の不法滞在や犯罪などを憂りょしているからである」と報じた。

 そのほか、記事は「韓国人は日本製品をボイコットしている」、「中国が日本製品をボイコットすれば、日本を破産に追い込むことができる」、「旧日本軍には女性軍隊がいた」、「靖国神社で写真を取るときは死を決して盗撮するしかない」などはすべてが誤解であると報じた。(編集担当:畠山栄)


 10の誤解のうち一つを除いて「そのとおり、それは誤解だ(いや洗脳だ)」と思う。

 「日本はこれまで一度も侵略戦争の謝罪を行っていない」
 「日本の教科書には中国侵略戦争に関する記述がない」
 「中国人は日本で犯罪を犯していない」
 「日本は軍国主義国家である」
 「日本人は世界でもっとも道徳のない国民である」
 「韓国人は日本製品をボイコットしている」
 「中国が日本製品をボイコットすれば、日本を破産に追い込むことができる」
 「旧日本軍には女性軍隊がいた」 
 「靖国神社で写真を取るときは死を決して盗撮するしかない」

 引用部を読むと全て中華洗脳による誤解だ、で終ることができる。

 しかし二つ目の「日本の教科書には中国侵略戦争に関する記述がない」。
 これだけは間違いを指摘しておかねばならないだろう。

 もちろんこれは誤解で、「中国侵略戦争に関する記述が」ある。そこそこある。
 しかし井沢氏の言う「残留左翼」の影響下にない、普通のあたりまえの教科書は正に「1%に満たない」。
 まったく逆だ。つまり、「中国侵略戦争に関する記述が」ウソとプロパガンダと自虐でコテコテにコーティングした状態で「ある」ということだ。
 無いのは「1%」とされた新しい歴史教科書などの極々普通の日本の歴史教科書だけ。
 日本の教育がおかしいのはもう歴然とした事実だが、この数字を見ても、ガキどものちんちくりん具合を見ても、大人どものおちょくり具合を見ても、それはそれはよくわかる。

 ちなみにその普通の教科書を批判するのが、共産党が独裁を敷く軍事帝国と、あの自大自尊半島の国々だ。

 そういうことだと、いい加減わかって欲しいものだ。
中国のやりかた

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。