■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えらそうに(苦笑)

【中国ブログ】外国では「自分は日本人だ」というと尊重される!

  中国のネットメディア「環球網」の掲示板に「日本で頻発する中国人排除デモ、国外における中国人のイメージは悪すぎる」と題する文章が寄せられ、大きな話題となっている。

  文章によると、海外を訪れた中国人観光客は大声で騒ぎ、ブランド品を買いあさり、列に並ばず、ところかまわずタバコを吸い、痰(たん)を吐くと中国人自身を非難し、「さらには男性であれば盗みをはたらき、女性であれば売春をする。国外で歓迎されないのも当然だ」とした。

  続けて、大金を使うからといって礼儀を欠いても良いということにはならないとし、「本当に恥ずかしい!それでよくも自分たちを礼儀の国だなどと言えるものだ」と中国人観光客を批判した。さらに、日本・英国・フランスの人びとと比べ、中国のどこに礼儀という概念が存在するのだろうと自問し、過去の教育が間違っていたのだろうかと語った。

  また、台湾の同胞たちが礼儀正しいことを見れば、遺伝子の問題ではないとも語り、「ヨーロッパでは自分のことを台湾人または日本人だと詐称(さしょう)すると、ヨーロッパ人の態度は豹変し、尊重される。自分が中国人であることを認めたくなくなる」としている。

  この書き込みに対し、「中国人の素養に関しては改善すべき点は多く存在するが、そうした点は中国人だけでなく、他国の人間も同様だ」、「国民性というものがあり、すべての国が日本人のようになれるわけではない。しかも日本人の礼儀正しさは表面的なものであり、日本社会には個性というものがない」など、書き込みに対する反論が多く寄せられている。(編集担当:畠山栄)


 日本&台湾:礼儀正しい&尊重される

 中国&朝鮮:傍若無人&歓迎されない


 単純なはなし。日本か日本じゃないかということだけ。
 中国と朝鮮はものの見事に日本を拒否した。台湾は受け入れた。その結果だとよくわかることではないか。


 日本人が「歓迎される」のは本当に事実。
 体験しまくったぼくが言うのだから間違いない。

 そりゃたまには酷い目にあうこともある。「チン」だ「コリ」だとからかわれることもある。
 しかし、中国人&朝鮮人とは明らかに扱いが違う、と感じることが、海外を歩いているとよくあるのだ。それは動かしがたい事実なのだ。
 それは全て先人たちの命をかけた努力のお陰なのだ。だから靖国さんで頭の一つでも下げろ、とぼくは常々言っている。

 たまにいる日本人を名乗る朝鮮人(韓国籍)にも同席したこともある。
 ぼくの目の前で自分は日本人だと言うのだ(笑)。今までお互い正直に名乗りあっていたにも関わらず。。。
 そういうのを目の当たりにしたとき、彼らの哀しさがよく理解はできるが、だからと言ってウソはいかん。
 自称日本人によって日本の評判は確かに貶められている。上記の朝鮮人もチェックアウト後の部屋は酷いし、その態度もおよそ日本人とはかけ離れている。
 それでも彼らは日本人を名乗る。明らかに扱いが違うことが多々あるからだ。誇りは無いのかと問いたいが、現実は厳しいものだ。
 我々日本人には積み重ねがあるのだ(あったのだ、かもしれないが)。だからそれに恥じぬようわきまえて行動するのだ。正直、踏み外してしまうこともあるが、そもそも踏み外す土台さえも構築していない連中が「歓迎されない」連中だということも確認しておくべきだろう。

 そういう事実を中国人や朝鮮人はよくよく考えたほうが良い。
 良い悪いではないとよく言うが、これは良い悪いのはなしだ。

 日本&台湾が良くて、中国&朝鮮は悪いのだ。
 わかった?
 良いところは見習え。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。