■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■もうどうでもいい

自民・谷垣総裁、終戦記念日に靖国参拝の意向(読売新聞)

 自民党の谷垣総裁は11日、党本部で記者団に対し、15日の終戦記念日に靖国神社を参拝する意向を明らかにした。

 谷垣氏は京都府遺族会会長を務めており、昨年9月の党総裁選で終戦記念日に同神社を参拝すると明言していた。昨年10月の秋季例大祭、今年4月の春季例大祭の際にも参拝している。

 ただ谷垣氏は、2006年の党総裁選に立候補した際には、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されていることを理由に、自身が首相になれば同神社参拝を控えると述べていた。


 中途半端は逆効果だ谷垣工作員!

 野党なら参拝し与党なら参拝しないということは、自分の政治スタンスをその場に応じてコロコロ変えるということではないか。とっくにダメ出しされている一昔前の自民党政治をなんら変わり無い。貴様に求められているのはそういうことではないはずだ。
 日本破壊工作機関である民主党(関係者も支持者も全員工作員)とは違い、一応、日本の政治家が数人はいる(と思われる)自民党の議員なら、敗戦日云々ではなく、春秋例大祭はあたりまえのこと、常に時間を作ってあしげく通うのが筋というものだろう。

 かの地に奉られているのは、日本のために死んだ方々だ。
 敵が決めた戦犯などという概念で己の信念が変わるくらいなら政治家なんかになるな下衆が。

 民主党は関係者全て絶対にロクな死に方はしない。日本の神は彼らの悪行を絶対許しはしない。
 既に地に落ちてこれ以上落ちることは無いのだから、谷垣工作員よ、寝返れ。敵の工作員のまま死ぬのか、最後の最後で「ようやく気づいて」改めるのか、貴様の価値はそれで一変しよう。
 あ民主党関係者はもうダメです。あんたらは全員祟られて死ぬのだ。それだけのことをやってしまった。

 いやしかし、阪神淡路での大量殺戮の首謀者はのうのうと大分で生きてるらしいが、どうして奴は祟られないのだろうか・・・もしかして八百万の神々は既に日本をお見捨てになってしまわれたのか・・・
 確かに今のアホ集団である日本人に神のご加護などおこがましいにも程があるが。。。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。