■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えーわけあるかえあほんだら

【貧困ビジネス】区役所が不正黙認 社長が「これでいいんや」と恫喝 (1/2ページ)

 大阪市天王寺区の不動産会社「家のはしら」による生活保護費の詐取事件で、逮捕された社長の大強起徳(だいきょう・きと)容疑者(57)=本名・金太烈(きん・たいれつ)=が、家主の立場では受け取れない不動産の仲介手数料を、大阪市に繰り返し不正請求していたことが27日、市関係者への取材で分かった。家主と仲介業者を、ともに「家のはしら」として申請しており、不正は一目瞭然。申請窓口の区役所は書面ですぐに見抜いたが、金容疑者に「これでいいんや」と恫喝(どうかつ)され、なし崩しに支給が続けられていた。

 こうした仲介料請求は、金容疑者が関与した134人の生活保護申請のほぼ全件で行われており、不正を黙認する形で市が支出した公金は、約550万円に上るとみられる。

 国土交通省によると、マンションの家主が直接、入居者を募った場合、賃貸契約が成立しても第三者による仲介行為が存在しないため、仲介料は発生しない。

 金容疑者が生活保護の受給者を囲い込んでいたマンションは、いずれも同社の管理物件。金容疑者が自ら勧誘して入居させており、仲介業者は入っていなかった。

 ところが、金容疑者が昨年8月以降、市への保護申請に同行して入居させた134人の受給者のうち、1人を除くすべてのケースで、1人あたり4万2千円の仲介手数料が保護費から支払われていた。

 大阪市によると、市に提出された申請書類では、家主と仲介業者の項目がいずれも「家のはしら」と記載されていたため、窓口の区役所職員がすぐに不正に気づいたが、金容疑者に「おれは不動産のプロ。これでいいんや」と大声で恫喝されたり、指導に従わず事務を停滞させたりしたため、そのまま請求を認めていたという。


 貧困ビジネス排除を進める市のプロジェクトチームが調査したところ、各区役所で不正が黙認されてきた実態が判明。同チームが今年3月になって金容疑者に是正を指導し、ようやく改善されたという。

 大阪市の担当者は「今にして思えば、対応が弱かったと言わざるをえない」と釈明。「いずれにせよ、支払う理由のない仲介料であり、被害を受けたという認識を持っている」として、金容疑者に返還請求することも検討するという。


 鬼畜朝鮮人の基本的本能、立場が弱いものだけに対する「恫喝」。
 住民としてその存在を汚らわしいと感じる(ぼくは天王寺区民)。
 もちろん、それに屈する小役人にも問題はあろう。
天王寺区役所
ちなみにこれは現場となった天王寺区役所(自撮り)

 だが、この件を役人の怠慢とするには少々無理がある。
 もしこの鬼畜の恫喝に負けずに申請を受理しなかったとしたらどうなる?
 間違いなく鬼畜は鬼畜らしい行動にでるだろう。奴らの厚顔無恥なる凶暴ぶりはサヨク以外みんなご存知。まして今は日本破壊党の政権。日本人より朝鮮人、中国人を優遇するに”決まって”いる。
 さて、担当したこの小役人はまったく何の心配もせずに日常生活を送れるだろうか。

 否

 もし公的事務を停滞させている鬼畜に対して警察に通報したとしても、彼ら警察は、いや国はその後の安全を保証してくれるのだろうか。

 それも残念ながら否

 いつかクソ朝日などが大々的にキャンペーンをはった反「日本はゴネ特」を思い出して欲しい。朝日は国民の目をいつものように欺いたのだ。ゴネ得ではないと。そんなのは無いと。神国日本は負けないと。

 どう考えても日本はゴネ特なのだ。だから鬼畜朝鮮人がデカイ顔をしている。

 戦後ずーっとこういった鬼畜朝鮮人の悪行に目をつぶってきた。
 朝日をはじめクソサヨクどもはなんと鬼畜の味方をした。もちろん今でもそうだ。

 本当に、ええ加減に、わきまえっちゅうもんを教えたらなあかんのとちゃうやろうか。
 あんな鬼畜どもにデカイ顔させといてええのか?
 そろそろ立ち上がるときではないのか。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。