■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■どう転んでもアウチ

【民主代表選】これが両陣営の全貌だ

 1日の菅直人首相、小沢一郎前幹事長の両陣営の総決起集会に出席した民主党国会議員はそれぞれ次の通り。(敬称略、双方に出席した議員がいる)

 ■菅陣営(出席者114人中、判明分105人)

 【衆院】川越孝洋、井戸正枝、岡田康裕、金森正、中川正春、藤田一枝、笹木竜三、斉木武志、高橋昭一、本多平直、泉健太、長島昭久、藤田憲彦、篠原孝、神山洋介、工藤仁美、竹田光明、阿知波吉信、加藤公一、末松義規、花咲宏基、山崎誠、高井崇志、前原誠司、湯原俊二、山田良司、牧野聖修、城井崇、菊田真紀子、安住淳、小川淳也、三谷光男、橋本博明、後藤祐一、田村謙治、小山展弘、近藤洋介、稲富修二、小原舞、柿沼正明、藤田大助、細川律夫、玄葉光一郎、阿久津幸彦、大西健介、石毛●(=金へんに英)子、高井美穂、仁木博文、手塚仁雄、黒岩宇洋、山尾志桜里、生方幸夫、玉木朝子、高邑勉、松本大輔、平山泰朗、柴橋正直、中川治、稲見哲男、谷田川元、小宮山洋子、村越祐民、三村和也、鉢呂吉雄、渡部恒三、池田元久、荒井聡、柚木道義、矢崎公二、斎藤勁、郡和子、長妻昭、阪口直人、仙谷由人、津村啓介、田嶋要、土肥隆一、岡田克也、寺田学、若井康彦、菅直人、吉川政重

 【参院】相原久美子、金子恵美、松浦大悟、中谷智司、蓮舫、風間直樹、岡崎トミ子、大河原雅子、石井一、難波奨二、徳永久志、白眞勲、林久美子、藤末健三、江田五月、小川勝也、小川敏夫、芝博一、今野東、田城郁、前川清成、石橋通宏、福山哲郎

 ■小沢陣営(出席者125人中、判明分117人)

 【衆院】村上史好、鈴木克昌、渡辺義彦、小泉俊明、仲野博子、萩原仁、橋本清仁、岡本英子、辻恵、玉城デニー、菊池長右エ門、畑浩治、山岡賢次、黄川田徹、川島智太郎、田中真紀子、福嶋健一郎、石原洋三郎、三輪信昭、石井章、渡辺浩一郎、古賀敬章、空本誠喜、笠原多見子、木村剛司、高野守、田中美絵子、相原史乃、岸本周平、東祥三、吉田公一、川口浩、高橋英行、羽田孜、石森久嗣、熊谷貞俊、山口壮、高松和夫、滝実、階猛、小野塚勝俊、石田三示、三宅雪子、若泉征三、金子健一、水野智彦、松宮勲、野田国義、中後淳、高山智司、佐藤夕子、梶原康弘、中野渡詔子、海江田万里、松野頼久、黒田雄、宮島大典、平野博文、小林正枝、福田昭夫、松岡広隆、大谷啓、加藤学、中津川博郷、笠浩史、三井弁雄、松木謙公、豊田潤多郎、橘秀徳、奥村展三、大山昌宏、中山義活、伴野豊、柳田和己、松崎哲久、坂口岳洋、矢崎公二、太田和美、石関貴史、市村浩一郎、菅川洋、中塚一宏、岡島一正、樋高剛、小沢一郎、内山晃、神風英男、青木愛、皆吉稲生、小林興起、川内博史

 【参院】輿石東、森裕子、佐藤公治、主浜了、平山幸司、中村哲治、室井邦彦、牧山弘恵、外山斎、田中直紀、谷亮子、広野允士、前田武志、川崎稔、藤田幸久、安井美沙子、平野達男、米長晴信、相原久美子、一川保夫、大久保潔重、行田邦子、姫井由美子、小見山幸治、武内則男、田城郁


 こいつらの理念がまったくわからん。

 菅直人工作員の元には長島昭久もいるが、仙谷由人工作員とか岡崎トミ子工作員とか白眞勲工作員ら多くの工作員がいる。
 小沢一郎工作員の下には松宮勲もいるが輿石東工作員とか山岡賢次工作員とか三宅雪子工作員とか、こちらにも負けず劣らず多くの工作員がいる。

 つまりどっちも民主党の正体「日本破壊党」であることになんら変わりは無い。
 分裂しようがどうしようが、こいつらのやることは日本の破壊だ。

 まともな理性のある人間なら、とっくにその悪行を暴露し、普通の日本人として行動しているはずだ。
 まだ「工作員」のつかない長島も松宮も、そのうち「工作員」となるだろう。もっとも投票する国民からしてもう多数が工作員だが(爆)


 かつてサピオ誌上(2009年9月30日号)での櫻井女史との対談で長島さんと上には名前のない渡辺周さんがこう語っている。

櫻井 ~前略~ 村山談話ならぬ「鳩山談話」が飛び出すのではないかと、危惧しています。
長島 それだけはなんとしても阻止したい。
渡辺 その場をうまくおさめればいいといった、日本的な解決の仕方がとんでもない火種になることは、まさに河野談話が示していますから。
櫻井 阻止すると言っても、本気で新しい談話を出そうとすれば、恐らく、議論では決着はつかない。その場合に、阻止する手段として、党分裂まであるということですか。
長島 どこが分岐点になるかはわかりませんが、私たちにも譲れない一線があります。左傾化が行き過ぎるようなら、覚悟を決めて行動します。


 その行動が「鳩山談話」ならぬ「菅談話」を出した菅工作員の支持とは、もはや彼を工作員とみなす日本人が多数を占めてもおかしくは無い。「なんとしても阻止」すると言ったのはウソになりました。「譲れない一線」てのも人民解放軍に解放される1分前くらいなんだろう。


 まったく、自民党といい民主党といい、日本を破滅に追い込む連中のやることは同じだ。
 理念も政策も共通しない人間と、権力を得る為だけに集まる。既に政党として成立していないではないか。

 ま、そんな工作員をわざわざ選んだのも、我々アホ日本人なんだが。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。