■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■せっかくのバカンス気分が!

*このエントリはバカンス前に書いたものです。*
出発までの時間がなかったのもあって、いまさらアップします。

以下内容


橋下知事を懲戒処分 弁護士業務停止2カ月 光市母子殺害TV発言

 大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が平成19年、山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団を懲戒請求するようテレビ番組で呼びかけた問題で、大阪弁護士会は17日、「弁護士としての品位を害する行為」として業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 ■事務所「橋下氏は弁護士業務してない…」

 母子殺害事件では、19年5月の差し戻し控訴審で、被告の元少年の弁護団が殺意や強姦(ごうかん)目的を否認。橋下氏は、直後に放送された読売テレビ系の番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、弁護団について「もし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」「弁護士会としても処分を出さないわけにはいかない」などと発言した。

 橋下氏自身は懲戒請求を行わなかったが、平成20年1月ごろまでに、弁護人それぞれに対して600件を超える懲戒請求が広島弁護士会に殺到したという。

 19年12月、市民ら約340人が「刑事弁護の社会的品位をおとしめた」などとして大阪弁護士会に橋下氏を懲戒処分するよう請求。同会綱紀委員会が昨年4月、懲戒処分が相当と議決していた。

 橋下綜合(そうごう)法律事務所によると、橋下氏は実質的には弁護士業務はしていないという。懲戒請求者の1人は「業務停止は当然。この処分で橋下氏は反省してほしい」と話した。



 はじめに
 以下エントリには「クソ」が連発されます。「クソ」が嫌いな方はどうぞこんなクソブログなどすっ飛ばしてもっと時間を有意義にご活用ください。よろしくお願いします。




 ドリカムのように何度でも言うが、「弁護士としての品位を害する行為」を行ったのは、あのクソ弁護士どもだ。
 各弁護士会はあのクソ弁護士どもを懲戒相当としなかった。残念だがその判断は判断として受け入れる。
 しかし、あのようなクソ弁護士がのうのうと人の心と自身が寄るべき法を弄ぶことが可能なのであれば、もっともっと簡単にクソ弁護士どもを糾弾できるシステムを、弁護士会は率先して作るべきだと思う。

 かつて拙ブログに書き込んだ方は苦情受付があるではないかと書いたが、イデオロギーで心と法を弄ぶクソ弁護士どもにそれが効くのか聞きたい。実際請求者側に結構なリスクを伴う懲戒請求でも効かないのだ。匿名で電話一本でも可能な苦情受付がどれほどの効力があるのか?
 意味の無いシステムなど、誰も必要としない。実際にそれが有効かが大事だ。

 日本は法治国家だが、大衆の心理には「納得治」がまだまだ(日本がある限り)ある。
 クソ弁護士どもに対してはほとんどの日本人が納得していない。法を犯さなければ何でも良いのか?
 法を無視しろと言っているわけではない。イデオロギーで心と法を弄んで「和」を乱すクソ弁護士に対して、法では裁けない正義が下されるのを邪魔してあざ笑っておいて、その連中は一体全体心中穏やかでいられるのか甚だ疑問だ。その精神はもう日本人では無いではないかとも思う。

 やっぱり、「和」を根法とする日本の法としてはそれはおかしいのではないか?
 法まで白人と同じにする必要はない。日本には日本の法があれば良い。そうは思わんか?
 日本人が納得できる法にすれば良いではないか。

 今、あのクソ弁護士どもが罰が与えられないとするのならば、日本人が納得できる法でもって罰を与えられる体系にすべきだと思う。もちろん、遡及して罰しろなどと三馬鹿人のようなアホは言わない。
 だが、こういうクソ弁護士どもはイデオロギーでやっているので法が変わっても必ず同じ罪を犯す。転向しない限りいつまでもイデオロギー闘争を続ける。なにせ、死刑を無くすために誰かを○すことさえも厭わないのだ。

 日本人が納得できる法にして、このクソ弁護士どもを豚箱に放り込め!!

 そうでないと日本人が納得しない。つまり、このクソ弁護士どもは「弁護士としての品位を害する行為」を行っていると普通の日本人はそう判断するしかないのだ。

 橋下氏の論を全面的に肯定はしない。しかしこのクソ弁護士どもの言い分は全面的に否定する。弁護士会の言い分もだ。何が法の番人だ。生きる恥さらしどもめ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。