■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■尖閣諸島問題とは?

読んですぐ分かる 尖閣諸島問題とは?=為替王(サーチナ)

Q: 尖閣諸島って本当に日本の領土なんですか?
A: 1885年以降日本政府は再三にわたり尖閣諸島の現地調査を行い、無人島であることと、中国(当時の清国)の支配下にないことを確認の上、1895年1月14日に現地に標識を建てて正式に日本の領土に編入することを閣議決定しました。現在も沖縄県石垣市に属しており、日本固有の領土であることに疑いの余地はありません。

Q: 戦争に勝った日本が、中国から譲り受けた領土ではないのですか?
A: 日清戦争に勝利した1895年5月の下関条約において、中国(当時の清国)から割譲を受けたのは台湾、澎湖諸島などであり、尖閣諸島は含まれていません。

Q: 戦争に負けた日本が、とられた領土ではないのですか?
A: 第2次世界大戦後、尖閣諸島はアメリカの施政下に置かれました。しかし、1971年6月に署名された沖縄返還協定において、尖閣諸島も日本に返還された地域に含まれています。

Q: なぜ、中国が領有権を主張するのですか?
A: 1969年に国連が、尖閣諸島周辺海域に石油資源が埋蔵されている可能性を指摘する報告書を発表しました。1971年12月に中国は外務省声明で初めて尖閣諸島の領有権を主張しました。

Q: 日本固有の領土であることはわかりましたが、実際問題、日本と中国のどちらが有利ですか?
A: 中国は歴史上、一度も尖閣諸島を実効支配したことはありません。日本は1895年に国際法的に正式に編入した後、日本人が入植しカツオ節工場も建設されました。経営難などからカツオ節工場は閉鎖されて1940年に無人島になりましたが、歴史的にも国際法的にも尖閣諸島が日本の領土であることは議論の余地すらありません。(執筆者:為替王)


 参考資料です。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。