■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■腐乱するまえに

日本で反中デモ、日本国旗を手に菅内閣の対中外交を批判(サーチナ)

 尖閣諸島(中国名:釣魚島)を巡り、日本と中国の緊張が続くなか、日本で尖閣諸島の主権を主張する反中デモが行われた。香港メディアの鳳凰網は2日、「反中デモが行われ、馬淵澄夫沖縄担当相兼国土交通相は尖閣諸島の警備を強化すると言及する一方で、仙谷由人官房長官は世界経済の復興のため、日中は緊張関係を改善する必要があると述べた」と報じた。

 記事では、「東京では日本国旗を手に持った800人が反中デモに参加し、菅内閣の対中外交の軟弱さを批判し、国土の保全を呼びかけた」と報じた。

 一方で、仙谷由人官房長官は2日、ロイター社のインタビューを受けた際、世界経済のために日中両国は関係を改善する必要性があるとの認識を示し、日本は中国との戦略的互恵関係を強化し、アジア経済のいっそうの発展を目指すべきであると述べた。(編集担当:畠山栄)


 このデモ(2500人規模だったようだ)、なぜか日本のマスゴミでは報じられない。エントリしたサーチナは報じてはいるが参加者数を捏造。隠すよりはまし・・・・・・サーチナのほうが「まし」って、もうホンマにお仕舞いもえーとこやで。


 報道内容を選別できる権利を持つ工作員(報道局長クラス?)は、もう命は捨てたんだろう。
 亡命したところで国を売った外道を遇する国などない。日本に残ったところで売国奴として死ぬまで卑下されるだろう。家族はとっくに暗黒大陸へでも避難していることと思う。
 それくらいの覚悟がないと、こんな重要なニュースを無視することなどできはしない。


 日本のマスコミは10月3日、確実に死んだ。

 いや、とっくに死んでいたことを国民は知った。
 腐乱する前に、きちんと処理せねばなるまい。日本人は清潔が大好きな国民だ。腐っているものはさっさと捨てなければならない。ミカン程度の腐敗ではないのだから早いに越したことは無い。この際全体を始末すべきだ。

 もちろん、処理される(腐っている+始末される)側はもう分っている。
 自分達の拠って立つ精神を蔑ろにした結果、その結末がどうなるかを。
 確信的売国行為を働いた代償がどれだけのことに値するかを。

 このような連中には、早く手を下してやるのが日本的なやさしさだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。