■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■カスカモン

【外信コラム】北京春秋 お人よしな民主党政権

 休日。産経新聞中国総局内でネットサーフィンをしているうちに、たまたま「私はなぜ小沢一郎氏(民主党元代表)に一票を投じるのか」と題する在日中国人、徐静波氏の9月9日付のブログにたどり着いた。思わず目を疑った。

 「4年前に友人に誘われ2千円を払って民主党のサポーターになった」「9月4日に党本部から郵送された代表選の投票用紙が届いた」「日中友好を希望する小沢氏に投票したい」と、中国語で書かれていた。

 事実上の「首相選挙」だった9月14日の民主党代表選で、全国で約34万人しかいない投票権をもつ人の中に、自身が含まれていたことを読者に報告していた。

 徐静波氏といえば、尖閣諸島付近で起きた中国漁船衝突事件など日中間に問題が発生した際、日本のメディアに登場し中国の立場を説明する中国人ジャーナリストとして知られている。

 彼は、2008年4月に北京五輪の聖火リレーが長野県を通過したとき、約5千人の在日中国人を集めて「抗議から聖火を守る行動」を主導した活動家でもある。同年5月に訪日した胡錦濤国家主席は徐氏と会見し、「祖国はあなた方の貢献を決して忘れない」とねぎらった。

 そういう人物に「首相」を選ばせるとは、民主党もお人よしすぎる。(矢板明夫)


 よくもまあこんな党に票を投じたカスどももいたもんだ。
 ぼくはそこまでカスではないが、別に現実から逃げているわけではない。民主国家である以上、これは国民の総意だからだ。そういう意味でぼくも含めてみんなカスだと、拙ブログでは度々書いている。

 だがどう説明しようが民主党に投票したやつは完全に疑いない徹底的なカスだ。日本人のカスだ。死んで詫びねばならんはずなのに、自殺者が激増したという話しはまったく聞かない。日本人のカスのくせに、それ以下の存在に成り果てているのだろう。たから民主党に投票した、というロジックは妙にリアリティがある。

 これみんなガラガラポンで消えるしかない。
 心配ない、ぼくも消える。みんな消える。みんな死ぬ。

 いや、不細工な女と使えない男はみんな死ぬ、が正しいか。
 美人は中華の愛人、男は強制労働。何度も何度も書いたが、それが民主党に投票したカスが望んだ日本の姿なのだ。本当にそんなことになって欲しいのだ、なぜなら民主党に投票した自分は日本人では無いので、強制労働しなくて良いし、愛人(まあ向うさんの言葉で言えば性奴隷)にもならない、と思っているのだから。これを右翼と罵られた人々は「平和ボケ」だと警笛を鳴らし続けていたはずだ。
 だからこういう連中のことを-今はまだ自由民主主義国家日本があるうちに-完全に疑いないカスだと罵倒するのだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。