■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ケジメなさいあなた

岡崎公安委員長「反日デモは国益にかなう」 民主は質問取り下げ求める

 岡崎トミ子国家公安委員長は22日の衆院法務委員会で、自身が通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの在韓日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加したことについて、「私は国益にかなうという思いを持っている」と強調した。菅直人首相はこれまで「本人は過去の言動に配慮に欠けた面があり、誤解を招いたことを深く反省している」(6日の衆院代表質問)と答弁しており、閣内不一致の様相を呈している。

 岡崎氏はデモで韓国人参加者と大使館に向かってこぶしを振り上げた。現場には日の丸に「×印」をつけた看板も並べられていた。

 岡崎氏は「私の活動が『反日』だといわれたことが誤解だ」と主張。「×印」付きの日の丸については「後方にあったので気付かなかった。日本の国旗国歌を尊重することは大事だと考えている」と弁明。デモで訴えた内容については「人間の尊厳回復を訴えた」と述べた。

 質問した自民党の稲田朋美氏は「日本の国会議員として適切ではない。(岡崎氏が)日本の治安のトップにいることは不適切だ」と厳しく批判した。

 これに先立つ法務委理事会では、民主党側が稲田氏の岡崎氏への質問通告の内容が「法務委になじまない」として質問取り下げを求めた。自民党側は「国政にかかわる重要な話だ」と反論。稲田氏に質問させないなら委員会を流会にすべきだと主張し、最終的には民主党側が折れた。


 何がおかしいて、そもそも工作員トミ子が平然と生きていられることが普通はおかしい。
 日本以外なら既にあの世(地獄)の確率が高い。そうでなくとも、少なくとも社会的には抹殺される。
 ここは日本でよかったと、守護者たる八百万の神に感謝し毎日最低一回は靖国神社に参拝せねばならない。
 だが工作員トミ子はそんなことはしない。なぜなら全身全霊で反日の工作員トミ子だから。反日は靖国には行かない。靖国に行かないのはこれ即ち反日。シンプル且つクールだ。

 工作員トミ子の言う「日本」なるものは中華の属国(朝鮮)の属国としての日本だ。感覚(あくまで感覚)でいえば「倭」のようなものだ。工作員トミ子は嘘つきだから、その「倭」のような国を「日本」だと詭弁を立てているのだ。
 まったくもってちゃんちゃらおかしい。

 戦地売春婦の人間としての尊厳回復をどうして日本政府に訴えるのかも理解ができないが、この話しは、そもそも工作員トミ子が生きている&政治家になっている&しかもなんと与党&しかもびっくり大臣&しかも驚天動地国家公安という理解しがたい事象が複数積み重ねられた結果なのだ。

 しかしなんども言うが、これが議会制民主政治上で起こったのだ。日本人がそれを選んだのだ。

 日本人の選択した民主党は、反日活動家を国家公安大臣にしたのだ。
 日本の公安のトップが日本人より「特ア」の人間を優先する差別主義者になったこの異常。やはり民主党に投票したやつは決定的にアホとしか言い様が無いといういつもの結論になってしまう。
 こんな事態を引き起こすことを普通のまともな大人なら容易に判断できたはずだがどうして・・・できなかったということはやっぱりアホだ・・・と思ってしまっても誰も批判できないはずだ。第一それしか説明のしようが無い。
 工作員トミ子も含め、これら民主党支持者=工作員がどうして平然と日常生活を送っているのだろうか?
 さっさとケジメを付けて欲しいのだが。。。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。