■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今日もまた一人欠陥品が完成した

「ごめんね、ごめんね」とふざけた生徒殴った中学教諭を減給

 横浜市教育委員会は13日、同市栄区の飯島中学の男性教諭(57)が、掃除の態度がふまじめだったことに腹を立て、男子生徒に殴る蹴るの暴力を振るったとして、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委によると、教諭は昨年11月11日午後、担任する1年のクラスで掃除の指導をしていた際、足で雑巾がけをしていた生徒を注意。生徒がおどけて「ごめんね、ごめんね」と言ったことに腹を立て、生徒を床に押し倒し、顔を3回殴り、顔や腹をけった。生徒は帰宅後、保護者と病院に行き、顔や腹部の打撲で1週間のけがと診断された。

 教諭は「ばかにされたと思い、かっとなってしまった。本当に申し訳ない」と話しているという。


 またもやクソ餓鬼の更正する機会を奪ってしまった。
 正しい教師が罰せられた。クソ餓鬼に頭を下げる教師を見て、このクソ餓鬼が更正する可能性はゼロになった。それは拙ブログが保証する(笑)。

 拙ブログはいつものように男性教諭を擁護します。彼は悪くない。
 教師として正しい行為をしたまでだ。若干手数が多い気もするが。。。

 このクソ餓鬼も教師にいちびった口をきくくらいなら打撲程度で親に干渉させるな。
 中学生にもなっていちびり自体も肝が据わってない証拠。小物すぎるカスのせいで教師の権威も落とされる。
 教育全体の品位もガタ落ちだ。

 クソおちょくったキチガイをたしなめるのに口はいらない。なにしろキチガイだから言葉は通じない。
 はじめからなめてかかってくる相手には実力行使しかない。先生は聖人君子ではない。第一日本にそんな人物は数人しかいない。総理でさえあのザマだ。

 この教諭は「ばかにされたと思」ったそうだ。
 思わなくとも明らかにばかにされている。今回の横浜教育委員会の処分は教師をばかにするクソ餓鬼を増やす結果になる。教育を真剣に考えていないアホがいつものように間違いを犯したということだ。
 教育で間違いを犯すとえらいことになることは今の日本を見ても分かるが、日本の教育関係者はそのアホを飛び越してキチガイと化してしまっているのでわかっていない。

 この件のクソ餓鬼を見ればわかる。このキチガイは戦後の間違った教育から生まれた鬼子だ。
 ガキはしばけ。教育とはつきつめればそれしかないと思う。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。