■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■いい加減破壊するのはやめてくれ

都営地下鉄車両内で携帯通信可能に 東京都が全面支援で年内目指す 全国の地下鉄に波及効果期待 

 ソフトバンクの孫正義社長は20日、東京都庁を訪問し、都営地下鉄の車両内で、走行中でも携帯電話のメールやインターネット機能が使えるよう通信環境の改善に協力を求めた。面会した猪瀬直樹副知事は全面的な支援を約束し、年内に通信開始を目指すことで一致した。国内の地下鉄では福岡市など一部を除き、駅構内以外での通信環境整備は遅れており、都が積極支援することで他の地下鉄にも波及しそうだ。

 今回の訪問は、孫社長がミニブログ「ツイッター」で提案し、猪瀬副知事がこれに応じる形で実現した。

 孫社長は、社団法人「移動通信基盤整備協会」の理事内定者の立場で協力を求めており、アンテナなどの整備費用は同協会に所属する通信各社が負担する。

 猪瀬副知事は「サラリーマンが電車の中で仕事をすることができ生産性もあがる」と協力を快諾。都が47%の株式を保有する東京メトロにも協力を働きかけていく。通信環境の改善は、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及による加入者の要望が背景にあるとされ、孫社長は「社会的にも機が熟した。他の都道府県の地下鉄の環境改善も加速させたい」とした。


あまりいい趣味とは言えんな

 時代に逆行しようがどうしようが、「和」を破壊することは反対だ。
 孫氏のビジネスは成功はしている。が当然「和」ではない。かねてから主張しているとおり、孫氏(ソフトバンク)の唯一の功績は王さんにユニフォームを着せたこと、これのみに尽きる。それ以外の業績は全て「和」を破壊していると思っている。

 その「和」を破壊する重要なファクターが携帯電話だ。あれを操作している人間はまことに不細工である。
 あれが何かわかっているのだろうか。
 あれは「私」のひけらかしだ。しかも強制的に周りを巻き込む。
 強制的に「和」を破壊しているからトラブルが多発するのだ。携帯電話及びそれを弄くる人間が「和」を破壊しているから、その被害者である日本人が怒るのだ。日本人は「和」が安定していないとおかしくなる。理由はそれが日本であるからだ。

 仕事をするなとは言わない。「光の道」、是非とも欲しい。
 極々小数のスーパーエリート(多分アナタは違うはず)は寝る間も惜しんで”日本の為に”仕事をしてるのかもしれない。スーパーな人なら時間を作って効率よく仕事するとも思うが・・・

 しかし駅は公共の場だ。それが仕事であっても、他人から見れば「私」のひけらかし以外には見えない。
 当然それは「和」を破壊していることになるから結果は同じである。そして何より不細工である。
 好き勝手に「私」をひけらかす連中にプライバシーもへったくれもない。自らばら撒いてるんだから世話いらん。

 カネの為に「和」を売り飛ばす。
 当然日本の為にやっているとは思えない。だから反対だ。


 解決案はあるはずだ。
 例えば、携帯電話を含む個人端末に公共施設への入場を管理させるのだ。そんなものは持たない人格者は切符で良い。むしろそれのほうが良い。特典も特権もつけても良い。
 そして端末には公共施設に入場する際に一切の機能をストップさせるようにする。使用不能にさせるのだ。もちろん崖のギリギリ端とか便所の排気口近くとかには解除ポイントを設置しても良い。
 これで誰も困らない。どうせ首相でさえ大した仕事はしないのだからそんなにセカセカ辺りかまわず仕事する必要もあるまい。メリハリつけて仕事は仕事場でやれ。
 大事なことは「和」を破壊しないということだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。