■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■良識さんあらわる

【韓国ブログ】キム・ヨナ悪魔仮面はメディアのねつ造…イシマタラも謎(サーチナ)

 サッカー・アジアカップ日韓戦で、韓国の奇誠庸(キ・ソンヨン)選手による「猿のものまね」に端を発する騒動が、終息傾向にある。韓国のインターネット上では試合後、奇選手が指摘した「観客席の旭日旗」や、韓国メディアが報じた「日本サポーターのキム・ヨナ悪魔仮面」に非難が殺到したが、現在はその真偽を問う声が上がっている。

 韓国人ブロガーのEvltion(ハンドルネーム)さんは、試合当日に日本人サポーターがキム・ヨナの悪魔仮面を付けていたとの報道は、メディアのねつ造だと指摘する。

 「韓国メディアは、日本人サポーターが嫌韓感情の表れとしてキム・ヨナの悪魔仮面を付けていたと盛んに報じた。しかし、その仮面は2010ワールドカップの時に韓国の露店で売られていたもので、写真も2010年10月の日韓戦で撮影されもの」と主張し、ブログに証拠の写真を掲載する。

 Evltionさんは、悪魔仮面の写真が25日に撮影されたものと証明する写真が複数あるなら分かるが、関連記事に掲載され写真はどれも同じだったと主張。「悪魔仮面騒動は、刺激的な記事を書くためにメディアがねつ造した虚偽(きょぎ)」と非難した。

 韓国人ブロガーのアシュラ(ハンドルネーム)さんは、「日本人がキム・ヨナの仮面を付けるとなぜ非難されるのか。キム・ヨナファンの可能性だってある」とし、「韓国人として決勝進出を逃したのは悔しいことだが、ねつ造に近いことをしてうっぷんを晴らすのは間違っている」と述べる。

 キム・ヨナ悪魔仮面がネット上で大きな話題になっていた当時、韓国メディアは悪魔仮面について、「日本には『イシマタラ』という伝統の仮面遊びがある。自分が嫌いな人や悪党の姿の仮面を作ってかぶり、互いにののしり合うと正しい人になると信じられている」と報じていた。しかし、アシュラさんはメディアが報じた「イシマタラ」についてもねつ造だと語る。

 「日本人サポーターがイシマタラをしたと言うが、グーグルで検索しても『イシマタラ』に関する情報はなかった。日本の伝統文化なら写真や解説があってもいいはず」とし、日本人4人にたずねても誰も知らなかったと述べる。

 「ひとことで言うと、イシマタラは『日本伝統文化だが日本にはなく韓国の記事にだけに存在する文化』」と説明。写真に映る日本人サポーターを「イシマタラをした」と非難するのは、理解しがたい行為だと語った。(編集担当:新川悠)



 半島の良識!

 Evltionさんとアシュラさんのその後のブログが気になりますが、このような記事を見るとわずかな可能性があると考えてみたくもなりますね。まあ今までずうっと裏切られてきてますけど(笑)

 どこの国でもアホはいるし行き過ぎる人はいる。
 ただあちらさんは日本だってことで強烈な色眼鏡がかかる。
 それを歴史の問題だと、一方的に痛いほうの面からしか見ない多くの半島人(これ国策で洗脳されてるんですよね)とそこそこの数になる日本人(偽善なのか単なるアホなのか)が問題をごちゃごちゃにしている。
 日本と韓国が仲良くなっては困る連中が両国に結構いるってこと。残念ながら韓国はそれが国策になってるのが問題。
 日本の良識は、忘れろなんて誰も言って無い。無いことをでっちあげて必要以上に相手を貶めるなと言っているだけだ。こちらに対して無礼なことするな。こちらに来てまで下品なことするなと。

 でも記事のご両人のようにあちらにも良識たる-というかそれが普通なんですけど-意見がきちんと出るというところでまだ救われている。あちらの日本に対するあらゆる記事は相当なバイアスがかかっておる、ということを韓国国民は-いち早く洗脳から脱却して-正しく認識して欲しいと思います。
 両国が連帯して困る連中の思惑にはまってはいけません。

 かくいうぼくは、もうどっぷりはまってますけど(爆)
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。