■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■工作員大学

韓国併合100年特別展、立命館大学で開催(聯合ニュース)

 【ソウル24日聯合ニュース】韓国の市民団体・民族問題研究所は24日、京都の立命館大学国際平和ミュージアム中野記念ホールで来月1~20日に「韓国併合」100年特別展「巨大な監獄、植民地朝鮮に生きる」を開催すると明らかにした。
 立命館大学コリア研究センター、同大学国際平和ミュージアムと共催する特別展では、民族問題研究所が所蔵している朝鮮総督府の資料や朝鮮駐留軍のアルバム、チラシなど日本の植民統治資料、日本に対抗するために飛ばした義兵檄文(げきぶん)、独立宣言書の元本、徴用・徴兵文書、土地台帳など、植民地時代の朝鮮人の実状を見せる資料80点が展示される。
 特に、日本の陸軍士官学校を卒業し、韓国光復軍の総司令官を務めた池青天(チ・チョンチョン)将軍の日記と、光復軍の女軍として活躍した池将軍の娘、ヨンボク氏の回顧録、写真などが初公開される。
 開幕日の1日には「朝鮮植民地支配をどう見るのか」をテーマに韓国と日本、在日韓国人の学者が参加する特別講座も開かれる。


 うわあ・・・なんとまあ胡散臭い。
 チラチラとは聞いていたが立命館大学は単なる工作機関に成り果てています。
 もう立命と聞いただけで偏見もっちゃう(笑)
だめっぽいなこりゃ

 このようにぼくのような普通の人に新しい偏見を植え付けて差別を助長し、国家ぐるみで隣国を貶める洗脳を続ける国の工作を手助けする。正に反国家行為。正に平和を乱す行為。「国際平和ミュージアム」とはこれまたトホホ。
 そもそも「実情」を正しく見せれば「巨大な監獄」などという言葉は出てこない。それだけで眉唾なのに大学生にもなってわからんアホが多すぎる。だから職もないのだ。
 それに気づかないのはもう手の施しようが無い。今のうちに自らを処したほうが良いと思う。これはぼくからの精一杯の心配だ。

 今度から立命館出身の人間に会うときは「あなたは大丈夫ですか?」と聞くようにしましょう。
 サヨク得意のイマジンをさせて頂いて申しますと、もうほとんどアウトの人間しかいないでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。