■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■加藤氏も石塚氏も何だか変な件

 何か違和感が無いか、素直に感じてみてください。

「中国の若者が一番尊敬しているのはフリーター」若き論客・加藤嘉一が語る中国ゆとり世代(週プレNEWS)

今、中国でもっとも有名な日本人が語る、我々の知らない中国

 加藤嘉一。日本ではなじみのない名前だが、実は今、中国でもっとも有名な日本人である。わずか26歳にして北京大学研究員として教壇に立つ一方、テレビのコメンテイター、雑誌コラムニスト、書籍執筆など幅広く活躍し、“現代の遣唐使”“加藤現象”と呼ばれるほどの人気を博している。

 その人気の理由は、理論的かつ痛快な主張。日本人から見た中国の外交や経済を、反日感情をものともせず展開していく。

「日本には『出る杭は打たれる』という言葉がありますが、中国ではむしろ『出る杭は出れば出るほどいい』。そして、能力があれば若ければ若いほど重用され、年功序列も終身雇用もない完全実力社会なんです。機会平等でチャンスはあるけど、半面、弱肉強食の世界。もう生きるか死ぬかって舞台だけど、僕にとってはすごく生きやすい環境だったんですよね」(加藤氏)

 そんな加藤氏と同じ80年代生まれの中国の若者たちは、“80后(パーリンホー)”と呼ばれ、社会の中核をなしつつある。加藤氏によると、日本ではゆとり教育世代にあたる彼らは、「騙すとか、蹴落とすとかも彼らにとっては“生きる術”」なのだという。

「ひとりっ子政策の世代で親が溺愛し、ワガママに育ったから、特に都市部の子は自分勝手だし、思いやりがない。ほかの世代と比べても個人主義だし、人を騙したり、蹴落したりってことをまったく悪いと思ってないんですよ」(加藤氏)

 彼らがもっとも興味のある対象はお金を貯めること。中国には家がなければ嫁を迎えられないという独特の結婚観がある。しかし、普通に働いても25、 26歳ではとうてい家なんて買えるはずがない。そのため、何としても成り上がろうとする。キャリアアップを目指して転職を繰り返すことは当たり前で、ひとつの職場に留まる人は、能力がない臆病な人と言われるのだとか。

「だから、若者のなかで一番尊敬されているのがフリーターなんです。だってそうでしょう、どこの組織にも依拠することなく、好きなことをしてひとりで闘っているんですから。たぶん世界的に見てもフリーターが蔑まされてるのって日本だけですよ」(加藤氏)

“正社員で終身雇用”が至上とされる日本とは180度違う価値観。さらに加藤氏は「日本は中国の百倍以上、抑圧されている」と続ける。

中国では『自由』『自信』『自律』の3つが大原則。人間を公平に見てくれるこうした環境は、ハングリーな気持ちをきっとかきたててくれるはずです」(加藤氏)

 本当に「自由な国」、そして「幸せな国」は日本と中国、果たしてどちらなのだろうか。

(取材/石塚 隆、写真/利根川幸秀)


 石塚さん、あなたが「日本は中国の百倍以上、抑圧されている」とのたまう加藤氏の「理論的かつ痛快な主張」を聞いて感じた答えは

「本当に「自由な国」、そして「幸せな国」は日本と中国、果たしてどちらなのだろうか。」です。

 これでは石塚さん、あなたの”質”の問題になってきますよ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。