■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご清潔に!

韓英恵「反日映画ではない」ネット上の批判に心境吐露(映画.com)

 北朝鮮の拉致事件で反朝鮮感情が広まった2002年を舞台に、不当な暴力によって姉を殺害された在日朝鮮人少女(韓)と、現場で事件を黙殺してしまった気弱な日本人高校生(笠井)が怒りと悲しみをこめ、“テロリスト”として社会に復讐を果たす姿を描く。

 韓は韓国人の父親と、日本人の母親をもち「これまで人間関係がうまくいかず、自分から逃げていた部分もあったが、この作品をきっかけに自分にまっすぐ向き合えるようになった」。ネット上では“反日映画”と批判する声もあるといい「決して反日映画ではない。ピュアな青春ロードムービーだと思うし、私自身10代最後の作品が『アジアの純真』で良かった」と心境を吐露した。

~以下略


 前にも書いたような気がする(拙ブログ:余りにも下品)けど、こいつらのやってることは「和」乱すこと。
  それが反日なんは当然の話。物語が不自然すぎて悪意しか感じひん。

 結果的に両民族にとっても良いことではない。悪意を感じて「和」を感じひん。とにかく「和」を感じひん。
 憎しみのみを増幅させて不幸に導こうとしているとしか思われへん。

 サヨク(日本における反日は基本的にサヨク)はこういうことをようやる。
 オナニーで気持ちよくなってんのはわかるんやけど、結果マイナス。見えてへん。そもそも見てへん。見ようとせえへん。イマジンで気持ちよくなってるだけ。朝鮮人の自尊心以外何も満たしてへん。

 これを「反日映画ではない」と言い切れるその不潔さ、「アジアの純真」とまで言ってのける不潔さ、奇麗好きの日本人からしたら消毒したくなるのは当然のはずや。あまりに汚く腐りきっとる。

”ぼくは見ていない”が結論は、自由を履き違えたオナニー野郎どもの不潔すぎる反日動画。これでええやろ。


 それにしてもこいつら、同じコトを半島や大陸でやる根性あるんかいな?
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。