■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■キャンペーン中

橋下知事の独断、維新内部にくすぶる不満(読売新聞)

 地域政党・大阪維新の会の方針決定の際、代表の橋下徹・大阪府知事が維新のメンバーに十分諮らずに独断で決めるケースが目立ち、内部から不満が漏れ始めている。

 11月27日投開票の府知事選では、橋下氏の「一本釣り」で、同会幹事長の松井一郎府議の擁立を決定。知事・大阪市長のダブル選で信を問う教育基本条例案についても、府議会での議論を待たずに橋下氏が修正方針を表明しており、「少しワンマンが過ぎるのでは」との声も出ている

 「代表の意向に異論があるはずがない」

 23日、維新の会の府議や大阪、堺両市議を集めて開かれた全体会議。同会政調会長の浅田均・府議会議長は冒頭、念押しするようにあいさつした。続いて橋下氏が松井氏の擁立方針を伝え、拍手で了承された。

 「知事選の候補者は松井さんがいい」という橋下氏の「天の声」(維新府議)が、浅田氏を通じて松井氏本人に伝えられたのは9月中旬。候補者選定の責任者として、維新外部からの擁立を軸に作業を進めていた松井氏は、突然の後継指名に驚き、二晩連続で行われた浅田氏からの説得攻勢にも固辞し続けた。

 しかし、橋下氏の決意は揺るがず、松井氏は10月2日夜、大阪市内のうどん料理店で橋下氏と向き合い、「何でもやる」と出馬を受け入れた。橋下氏は「とにかく2人で突っ走りましょう」と上機嫌で焼酎をあおり、閉店後はホテルのバーで深夜まで杯を重ねた。

 2人の会談直後、知事選候補として松井氏の名前が報道で浮上すると、維新内部からは「いつ決めたのか」「外部から擁立すると言っていたのに」と反発の声が上がった。同6日、維新は幹部会合を開き、候補者選定を橋下氏に一任することを決定。一部議員からはその後、中田宏・前横浜市長の擁立を橋下氏に直談判する動きもあったが、決定が覆ることはなかった。


 なにこのネガティブキャンペーン。

 日本人の多くは民主党に投票するようなアホなので、何も考えんと空気で大事な大事な投票をしてしまいます。現政権を見れば、それは本当だと誰もが分かると思う。
 橋下さんが当選したのもその流れ。何かやってくれそう、露出も多いし・・・その程度でやってしまうのが日本人。

 今大阪市内在住のぼくが感じるアホの空気は、「橋下に入れ込みすぎたかな、ちょっとここは様子見よかな、なんか新聞も良いこと書いてないような”気もする”し。このまま行ったらなんか怖い”気もする”し」というような感じ。
 日本は「和」の国なので独裁者を極端に嫌うが、橋下さん程度でもマスゴミとかサヨクからしたら独裁になる。

 基本今回の選挙は、橋下陣営がこのマスゴミのキャンペーンにどんだけ対抗できるかというところ。たかじんも推しているように最終的に勝つんやろなとは思うが、なにせアホばっかりなんでマスゴミの作り出す空気に呑まれてしまう連中も多いやろと思う。


 日本の選挙に選択肢はあんまり無い。
 民主・自民、共にサヨクなのでまともな票は基本的に死票になる可能性が高いのが現実。

 今回の大阪もどちらを選ぶかという1点。
 平松のゆっくりなんとなく改善されていく(もちろんされない場合もある)か、橋下のあおり気味に分かりやすく変えていく(もちろん悪い方向に変わる場合ある)か、二者択一。

 さあこのマスゴミどものネガティブキャンペーンが吉と出るか凶と出るか。
 ぼくも含めたアホどもがきちんと決めて、腰すえて新しい大阪にしていくための投票をしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。