■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まだ生きていたのか江の傭兵

論説委員長・中静敬一郎 叙勲にみる元将軍たちの処遇

 11月3日に発表された生存者叙勲における元自衛官の処遇に違和感を覚えた。元陸上自衛隊北部方面と東部方面の総監(陸将)、空自の航空総隊司令官(空将)といった元将軍たちが受章したのは瑞宝中綬章だったことに、である。

 叙勲とはそもそも、自己を犠牲にして国家・社会に尽くすような行為を評価するために存在している。自衛官は入隊時、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め…」と宣誓する。

 国家の命令があれば、どんな危険な任務に対しても尻込みせず、国家・国民の負託に応える。

 このことは東日本大震災での救援や原発への放水作業などで国民の目に焼きついた。国家が適正に評価しなくてはならないのは、自分を犠牲にして公共のために尽くした行為だ。それがなければ、国家への忠誠心が薄まるのは避けられない。

 米国では最高位の勲章は現役の軍人だけが叙勲対象であり、大統領でももらえない。

 しかし、日本国はそうした栄誉を自衛官に授けていないのである。

 今回最高位となった桐花大綬章は河野洋平前衆院議長に授与された。大綬章は5人、重光章は45人。それに次ぐ中綬章は353人。元将軍たちと並び、各大学名誉教授や各省庁の局長経験者などが名を連ねる。

 公務員としての経歴を判断材料に元将軍は中綬章、それ以外は小綬章としていることがうかがえる。

 背景には、制服組トップの統合幕僚長ですら、任免が天皇陛下から認証される「認証官」として処遇されていないことなどもある。

 栄典制度は平成15年、勲一等など数字による等級を廃し、危険な公共業務に従事した人たちの功労を評価するなどの改革が行われたが、もっとも重要な「国家がどのような行為を尊い行為として考えているか」は曖昧のまま放置されてきた。その基準を明確に示すことができないこと、いわば国家の背骨の欠落が日本の迷走と混乱の一因ではないか。



 そもそも江沢民の手下に対して最高と判断される基準からしておかしい。
 日本の栄典制度はおかしいのだ。散々日本を売り続けた下郎に最高位が与えられている。
 もちろん陛下の意向など下衆官僚どもには屁のツッパリであろう。そいつらからしてもう敵なのだ。

 過去の「桐花大綬章」受章者は今すぐ抗議すべきであろう。
 江沢民の手下と同格なのかと。
 あんなカス野郎の功績と同じなのかと。我々は売国奴ではないぞと。

 こんなアホなことが起こるすべての原因はここだ。

「国家の背骨の欠落」

 当然ちゃんちゃらおかしいあの憲法である。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。