■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■貧しい人々

韓国人遺族らの敗訴確定=靖国合祀訴訟―最高裁(時事通信)

 第2次世界大戦中に旧日本軍に動員された韓国人の元軍人・軍属と遺族ら254人が、靖国神社に合祀(ごうし)され民族的人格権を侵害されたなどとして、国などを相手に同神社への戦没者通知の撤回や損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は11月30日付で、原告側上告を棄却する決定をした。請求を退けた一、二審判決が確定した。
 一審東京地裁は、国が靖国神社に協力的だったことを認める一方、「戦没者名の通知は一般的な事務の範囲内。合祀は靖国神社の判断で行っており、国が神社と一体になって合祀したとはいえない」とした。
 その上で、通知自体は原告らに強制や具体的な不利益をもたらしておらず、民族的人格権や思想・良心の自由の侵害は認められないとした。賠償請求も、日韓請求権協定の締結によって請求権はすべて消滅しているとして退けた。二審東京高裁も一審の判断を支持していた。

 
 すべては「日韓請求権協定の締結によって請求権はすべて消滅している」に尽きる。
 訴えを起こす前に、担当する弁護士は勝ち目無しと理解できるはず。少なくとも基本的職能とまともな感性を持っていればの話だが。
 その上でこんなことをやらかしているのは正に政治活動だということになる。もちろん、韓国の国是である反日活動であり、当人らは利用するのとされてるのと混在しているだろう。

「民族的人格権」とかいう得意の捏造かました権利を振りかざしているが、それをいうなら靖国神社、いや神社そのものが日本の民族的人格に当るのではないか。そんなこともわからず自分だけの意見しか認めないのはいつもの奴らのとおり。

 相当に貧しい頭と心で動いているに違いないと、日本人は思う。だから避ける。蔑む。
もういい・・・

 彼らが世界中から白眼視されるのは、つまりはこういうことなのだ。
 貧しいのは金銭ではない、頭も、そしてなにより心が貧しいのだ。
 かわいそうな話だが、同情する時代では、もうないのも事実だ。

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。