■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■9条原理主義

山下さん「黙って殺されろと言われたのと同じ」(読売新聞)

 長崎県西海市の山下誠さん(58)方で母の久江さん(77)と妻の美都子さん(56)が殺害された事件で、山下さんが27日、心境などをつづった文書を報道機関に寄せた。

 殺人容疑などで逮捕された筒井郷太容疑者(27)(三重県桑名市霞町1)が三女に繰り返していた暴力について、千葉県警から被害届の提出を「1週間待ってほしい」と言われたことなどを明かした。事件はその10日後に発生。山下さんは「この国で、だれが筒井容疑者のような危険人物から命を守ってくれるのか、今も分からずにいる」と不信感をあらわにした。

 山下さんは、報道各社が弁護士を通じて提出した質問書に文書で回答した。

 それによると、千葉県に住んでいた三女のマンションに筒井容疑者が押しかけ、壁をたたくような音がするとして、隣人から不動産業者に苦情が寄せられていた。三女と連絡が取れなかったため、同県警習志野署に通報。三女の勤務先の上司らは10月30日、署員とともにマンションの部屋に入った。その場にいた筒井容疑者は任意同行され、「三女には、もう近づきません」との誓約書を書いた。

 しかし、山下さんが西海市の自宅に三女を連れ帰ると、筒井容疑者は三女の友人や職場の同僚に「三女の居場所を教えなければ殺す」と脅迫するメールを送るようになった。山下さんは筒井容疑者の両親に携帯電話やパソコンなどを取り上げるよう依頼し、三重県警桑名署にも筒井容疑者の実家を巡回するよう求めた。三女は今月初旬、習志野署に「(傷害事件について)被害申告したい」と電話。同署は「いつでもいい」と回答し、三女と山下さんは6日に訪れたが、同署は「1週間待ってほしい」と告げた。2人が三女宅で待機していると、筒井容疑者が訪ねてきたり、周辺を徘徊(はいかい)したりしていたという。

 山下さんは「私が筒井容疑者を捕まえるしかなかったのかと思う。警察からは(筒井容疑者に)『手を出すな』と言われたが、『黙って殺されろ』と言われたのと同じ」と主張。筒井容疑者を死刑にするよう求め、「今の法律では一般市民の生命を守ってくれない」と法整備を訴えた。


 9条ですよ。

『黙って殺されろ』は日本国憲法第9条の原理です。

 殺されてから、加害者者に優しい法律で罰が与えられます。
 精神障害を装ってそれすら避けられる可能性もありますが、まあそんなところです。

 9条は悪人がいることを想定していないので、この筒井のようなキチガイは想定外になります。
 想定外にされると全て責任の所在がわかりません。今でも東電・原発ブレーンどもはのんのんと生きてます。

 この先何十年かかけて裁判して万が一死刑になっても、キチガイ大臣がそれを執行させません。普通の人の命よりキチガイの命を優先します。


 正に悪人キチガイ天国です。普通の人は悪人・キチガイに、殺されるしかないのです。殺すのは悪人の思い次第。キチガイの触れ次第。これは想定外とされることなのでどうしようもありません。
 残念ですが、これは9条の国では致しかたないことなのです。
 キチガイに殺されるか、9条を変えるか、ぼくはどちらかだと思いますが、頭の良い方々はもっと良い方法があれば、是非ご教授いただければと思います(悪人、キチガイはいない、てのは無しですよ)。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■トラックバック失礼いたします。地域活動支援センターのご紹介です。

東京都新宿区にある事業所のご案内です。精神障害者が地域で暮らしていけるよう幅広く支援しています。自主製品の七宝焼などもご紹介しております。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。