■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■絶対

死刑回避、改めて訴え=光市母子殺害で弁論―弁護側「未熟な少年」強調・最高裁(時事通信)

 山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審弁論が23日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)であった。弁護側は「母性に甘えた未熟な少年による犯行だった」と改めて死刑回避を訴え、結審した。判決は年度内にも言い渡される見通し。
 弁護側は、それまでの主張を全面的に翻した差し戻し控訴審と同様の弁論を展開した。
 遺体の傷痕の鑑定結果などから、被告に殺意はなく、傷害致死罪にとどまると改めて主張。供述を翻した理由は、二審までは幼すぎる被告を心配した当時の弁護人が、事実関係を確認していなかったためだとした。
 その上で、新供述の方が客観証拠と符合していると指摘し、被告は更生可能で、死刑判決を破棄して改めて審理を高裁に差し戻すべきだと訴えた。
 検察側は「犯行の動機や態様が極めて悪質で、死刑を回避すべき事情はない」として、上告棄却を求めた。

 

 これ、色々と何パターンか書いてみた。
 感情的にキチガイ連発になったパターン、すこし押さえてキチガイ少な目のパターン、キチガイサヨクだけを非難したパターン、キチガイ弁護士罵倒の方向へいったパターン。
 何にしろ、登場するのは犯人のクソ餓鬼含め多くがキチガイだ。それしか形容の仕様が無かった。
 結局時間の無駄になった。


 結論は一つしかない。

 死刑だ。

 絶対。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。