■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヤレ

視点 “隠蔽体質”改善せよ 大津市教委の情報公開姿勢に疑問

 大津市教委は今月、「自殺の練習」などが報道されるまで全校生徒アンケートの一部を隠していたことなどが次々と明らかになり、大きな批判を浴びた。13日の市議会常任委で傍聴人にアンケートを配布したことにより、市教委の態度はやや改善されたかにみえた。

 だが、今回の方針は問題だ。佛教大の原清治教授(教育社会学)も「市教委の姿勢が後退しているのは理解に苦しむ。いじめは犯罪との認識が必要で、資料は市民らに見せるべきだ」と指摘する。市教委は「隠す意図はない」というが、平日の日中、情報公開請求のために役所に足を運ぶことが、一般のサラリーマンに難しいのは明らかだ。

 市教委の「複写代がかかる」などという説明も言い訳にしか聞こえない。ならば、市のホームページにアップすればいい。各種お知らせは、日々新着情報としてアップされている。

 一連の問題で、市教委は積極的に情報公開する方針に転換すべきであるにもかかわらず、既に一部で公開した資料をわざわざ情報公開の対象とするのは、やましい点があるからではと勘ぐりたくもなる。市教委の“隠蔽体質”は、いつ改善されるのか。(藤原直樹)


言いたいことはそれだけか


 結論からいうと、痛い目にあわせるしかない。

 なぜなら、こいつらの中身は既に日本人ではなく「恥」を知らない。

 日本人ならさっさと腹を切っている。
 ということは、どう考えても日本人ではない。

 こいつらは敵の工作によって生まれた工作員。もちろん本人はわかっていない。
「恥」も知らぬし何も知らぬ。
 できることは日本人の子供達をアホにすること。「和」を破壊すること。

 敵の手がかかっている以上、チカラで締め付けないと何も変わらない。
 なにしろ「和」は通用しない。例など海外ニュース(特に中華朝鮮)を見れば山ほど転がっている。

「改善せよ」なんてゆう甘っちょろいことを言っていると、夢ある日本人児童たちがどんどんアホにされてゆく。
 殺される子も、このように出てくる。当然、殺す子もこのように出る。


 この工作員どもに「説いて」、自らの工作を懺悔させる余裕があると思うか?
 腹を切れと納得させられるか?
 おのれが工作員に成り果てていることを自覚させることができるか?

 できると思っているのは9条カルト信者とどこぞのアホ弁護士くらいだ。


 その間にどんどん、みんなの子がアホにされていくのだ。



 やってしまうしかないのだ。



 こうやって世界はカオスに落ちていく。

 これも敵の工作の結果だ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。