■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■疑われても仕方ないだろう葉詩文さん

こんなことあるんだ

速過ぎ? 中国女子に疑惑=男子上回るラップタイム―競泳〔五輪・競泳〕(時事通信)

 ロンドン五輪で競泳の女子個人メドレー2種目を制した16歳の葉詩文(中国)にドーピング(禁止薬物使用)の疑惑が向けられている。
 きっかけは競技初日の28日に行われた400メートルだった。葉はこの種目で、2010年の高速水着禁止以降、女子長水路で初めてとなる世界新記録を樹立。しかし、最後の50メートルのラップタイム28秒93が、男子400メートル個人メドレーで優勝したライアン・ロクテ(米国)の29秒10よりも速かったことから、欧米メディアなどを中心に疑問視する見方が広がった。
 葉のドーピングを示す根拠はなく、世界反ドーピング機関(WADA)による検査もパス。それでも30日、200メートル予選に出場した葉にはドーピングに関する質問が集中した。WADAのリンクビスト副会長は、過熱するメディアに「根拠がなければ、個人の選手を名指しで取り上げることはない」とくぎを刺した。
 疑惑の根底には、1990年代に中国選手のドーピングが大量に発覚した騒動があり、北京五輪でも同様に女子のバタフライ選手が疑われた。葉は31日に200メートル決勝で五輪記録をマーク。「他にも複数の種目を勝っている選手はいる。なぜわれわれだけに疑惑の目が向けられるのか」と訴えた。

 
 普通に怪しい。

 生物上あまりありえない話しだと思うのだが、人間のうじゃうじゃ度がケタ外れの暗黒大陸ですから、どんな人間が出てきてもあまり不思議ではないなという気がしないでもない。
 ましてや世界に一つだけの花、中華の支配する社会。かつてのステートアマもびっくりレベルが製造されても不思議ではない。

 しかしながら、比較の対象が普通の男ではなく、あの現人類トップクラスの泳者であるロクテ。彼は男のトップアスリート。並の体ではない。
 そのロクテの記録を体も出来きっていないだろう16歳で中国人の女アスリート(人造の恐れあり)が、50mラップでコンマ17も上回る。
 50mフリーでその差は相当なもの。
 本当に怪しい。


 けど、そこまでの話。
 続報あれば読んでみたいが、このまま「疑惑」で終わりそうな感じがする。

 もちろんこういうことを続ける国(政府)だから、ノーマルで「疑惑の目が向けられる」ようになるのは必然。前科も山ほどあるし、「疑惑」もどんどん積み重ねられる。
 可哀想なのはそんな化け物と「平等」に「自由」に「平和」に競わされるまじめな選手たちだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。