■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■つまりは9条。何にしても9条。

 石原慎太郎のせいで日中関係めちゃくちゃだと。
 時期が悪いとか野田が更に余計なことしたからだとか。

 遅かれ早かれこういう事態にはなっているはずです。
 こんなこと石原さんも誰も彼もわかっているはずです。
 未来の叡智など、そんな保証はどこにもない。正にイマジン。

 領土でもめるのはいつやっても同じ。
 未来はもっと殺しあってるかもしれん。
 それは人間の本能であるとしても不思議ではない。

 もしあちらさんが撃ってくれば9条バンザイでたくさん死ぬ。
 まあそれで目覚めるてなストーリーもあったのでしょう。

 撃たなくても、日本には実効支配というパイがある。
 出るとこ出ようやないけ、でいける。
 領土問題、ほとんど「理」は日本にあるが、
 国際社会てのはそういうわけにわいかん。甘くない。

 日本人はまだ国連とかにポワーンと期待しているようだが、
 国際司法で正しい判決出ても竹島から朝鮮人は出て行きません。
 日本なら尖閣から出て行くかもしれない・・・
 まあこれは世界から見れば正にワンダーな民族なだけであってね(^^;

 そういう意味で橋下さんは「共同管理」とかどうたら、
 言ったんだと思います。
 支持するかどうかは別として、素直に現実主義ってことだ。

 居座ったものが勝つ。何もしないほうが悪い。
 今世界を支配する西洋型民主主義法てのはそういうこと。
 日本からドンパチでけへんねんから、
 国内の工作員の皆殺しもでけへんねんから、
 そんな程度の覚悟で島は帰ってきませんよと、そういうこと。

 お花畑で乳繰り合ってノホホンとしてる間に、
 事実暴力で奪い取られた島は戻ってきませんと
 そういう事実を日本人は再認識すべきだ、
 という石原流橋下流の問題提起、ちゅうか確認作業。


 暴力で奪われた島だと、韓国てのはそういう国ですと、
 奴らの同胞北朝鮮に至っては正にキチガイですよと、
 きちんと事実に則って教育すれば、
 次の世代ではこんなことは起こらないと思う。


 早い話が、9条止めなほんまに知らんでてこと。



 ちょいと国連について。

 確か最初に授業で国連のことを聞いたとき、
「拒否権」というものがあると、
 その行使によって東西(当時)の思惑がどうこう・・・
 とまあそんな感じの説明があった。

 普通やったら「そんなんアカンやん」「意味無いやん」と思う。
 その時点で国連至上主義なんて生まれるわけないのだが、
 岩手の小沢とか、その他色々夢見ているヒトがまだ山ほどいる。

 これもずーっと不思議なんです。
 なんで?

「拒否権」とか「常任理事」とか、特別枠がある時点で
 平等じゃないじゃん、と思わないのか?
 思ってたらそんなんに期待することのおかしさがわかるはず。

 そもそも9条にすがって生きている日本人だから、
 色々なおかしさなんて思うはず無いのかもしれない。。。


 だから9条は諸悪の根源。

 これはもう議論の余地すらない。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。