■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■節穴にしか見えない「兆し」とは

竹島、ICJ提訴見送り言及=外務副大臣(時事通信)

 吉良州司外務副大臣は11日の記者会見で、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への提訴について、「ベストのタイミングを考慮しながら、最終的に単独提訴するのが良いのかどうか、これから検討することになる」と述べ、見送る可能性に言及した。
 李明博韓国大統領の竹島上陸で悪化した日韓関係に修復の兆しが見える中、韓国の反発を招くことが確実なICJ提訴は控えるべきだとの認識を示唆したものだ。ただ、この発言について、外務省幹部は「単独提訴に向けて淡々と準備を進めている」として、提訴の方針は変わらないと強調した。

 
おまえは何を言っているんだ

 一体全体、どういう精神的構造で「日韓関係に修復の兆しが見える」
 などと言えるのだろうか。

 吉良氏に見えているのか、この時事の記者に見えているのか、
 どちらにしても、節穴にしか見えない「兆し」のようだ。

 提訴の「ベストのタイミング」と言うが、
「修復の兆しが見える」ときは「控えるべき」と、
 関係悪化の際はこれ以上は「控えるべき」と、
 いつになったら提訴になるのかまったくわからない。

 提訴する気が無い、したくないという下心が見え見えで下品。


 ことなかれことなかれ。
 今までの本当の朝鮮を見せないで日本人の被害者を増やすやり方、
 これを踏襲しているだけに過ぎない。
 故に民主党は日本破壊工作団体(拙ブログ認定)。

 吉良氏か時事の記者か、くだらない工作は止めてください。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。