■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■デムパ炸裂

農民デモは韓国の力?(朝鮮日報)
アンディ・シェ氏が「香港で行われた韓国農民のデモは韓国の経済的競争力を見せた」と異色の主張を明らかにした。

 同氏は20日付の『2005年韓国の年』というレポートで「韓国農民デモを見て最近の韓国の成功の原因が理解できた」という趣旨の発言をした。

 韓国経済について厳しい指摘をしてきた同氏は「5年前まで低価格で輸出してきた韓国が、さらに安い価格で大量生産している中国にどのように対抗しているのか理解できなかった」と述べた。

 だが実際に韓国は(中国の成長にもかかわらず)経済的に成功した。同氏は「香港で行われた農民デモで見せた卓越した組織力と凝集力がその理由を説明している」と書いている。

 同氏は「韓国企業はすばらしい組織化という強みで中国市場を攻撃してきた。デザインやブランド化でサムスン電子・LG電子・現代自動車などが中国を席巻した。彼らの成功は最上の楽観的シナリオも超えたもの」と主張した。

 同氏は「2005年、世界は高度成長をしている中国とインドに注目したが、アジアで株価が最も上がり、ウォンほど強かった通貨がない点から見ても、2005年は韓国の年。韓国は開発途上国から先進国への発展に成功していると見られる」と話す。

 しかしウォン高と低いインフレに加え、高齢化で貯蓄率が上昇、金融財産に対する需要が溢れる状況が80年代の日本の状況と似ているとし、韓国経済の最大の危機要素は『バブル』だと警告した。

 同氏は「中央銀行が警告しなければ財産バブルにつながるかもしれない」と指摘している。


↑超有名コメントイメージ↑

アンディ・シェなる人物が三馬鹿系かどうかということは、ここでは触れません。

でも、ウォンなんてものがどの程度なものなのか、
↓ここをご覧になればよくわかります。
日本が朝鮮に行った良いこと
1997年、韓国政府が破産。
先進各国は「韓国をサポートする必要は無い」と断言しました。
そのまま推移すれば、韓国は北朝鮮の生活水準に転落した筈でしたが、旧宗主国である日本政府は韓国の窮状を見かねて、韓国通貨ウォンを保証して韓国を国家破産から救い出しました。

~中略~

韓国の通貨危機克服には、実は日本の政治力が大きく貢献しています。
上記の支援が発表されてもウォンの暴落は止まらなかったんだけど、その後、日本政府が迅速に邦銀から債務の返済期限繰延の約束を取り付け、欧米系銀行の同調を引き出して初めてその暴落が止まっている。

要するに、
韓国政府がIMFに約束しただけでは信用は回復しなかったわけで、「韓国は日本がbackで支えている」ことが示されて初めて一息つけたコトになる。


しかしまったく・・・

どういう幸せ回路が繋がればこんなデムパを想像できるのか。
不思議な国です本当に。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■ 香港の中心で『アイゴー!』と叫ぶ

12月13日~18日、香港でWTO(World Trade Organization:世界貿易機関)の会議が行われた。その期間中、世界各国から来たデモ隊が“反グローバリゼ

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。