■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■期待に応えること

出ましたよウワサの「嫌日流」。
早速たくさんのブログさまがつっこみ入れてます(笑)
棒太郎の備暴録 radical memo by boutarou「■[韓国情報]マンガ嫌日流1」より

今でもいくつか出てきてますが、翻訳されたものがそのうち揃うでしょう。
「なんでやねん」の右手が既に上がっているブロガーのみなさんが沢山、
虎視眈々とネタ待ちしてる姿が浮んできます。
楽しみ(笑)。

このブログは丸投げしちゃってます。すいません。
書いてるうちに、さらに良くできたものをいくつも見つけてしまい、
何度か書きかけのエントリー消したことがあります(爆)

それにしても、ある意味期待を裏切らない内容と言えますね。
嫌日流翻訳まとめサイトさまで随時ご確認ください。

ウチでも余りにあほらしい3ページを貼り付けておきます。
初心者さまにどうぞ。

「小便壷」とな?
山奥の寒村や貧村に無かったとは言わないが、多くがそうであったと印象付ける
描き方はかなり無理があるのではないでしょうか。
特に江戸時代はまさにミラクルピースの時代。清潔好きの日本人がいる国。
今で言うリサイクルのようなものもあったというのは有名です。


「日本語には敬語が無い」・・・出ましたびっくり捏造。
こんな失礼なことを平然とやるから世界中で卑下されるということ、
それも我慢強い日本人が「ええ加減にせえ」と怒ってしまうまで
やるこの民族性が「嫌韓流」を産んだその下地にあることを知って欲しい。


爆笑するか嘆息するか。
「島国日本は」といつもの朝鮮人気質をここでもみせているが、
書いてあること、それはそのまま半島のことでしょう。

参考として↓のサイトをどうぞ。
日韓併合前後 朝鮮半島写真館「親日派のための弁明」
Bird が見たSeoul
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。
礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の住民は
主に迷路のような道の「地べた」で暮らしている。
路地の多くは荷物を積んだ牛同士が擦れ違えず、
荷牛と人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。
おまけに、その幅は家々から出た糞、尿の汚物を受ける穴か溝で狭められている。
酷い悪臭のするその穴や溝の横に好んで集まるのが、
土ぼこりにまみれた半裸の子供たちと、疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、
犬は汚物の中で転げまわったり、日向でまばたきしている。

ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。
蓋のない広い水路を黒くよどんだ水が、かつては砂利だった川床に
堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。
水ならぬ混合物を手桶にくんだり、
小川ならぬ水たまりで洗濯している女達の姿。

周囲の山々は松の木が点在しているものの、大部分は緑がなく、
黒い不毛地のうねりとなってそびえている。

Seoulには芸術品がまったくなく、公園もなければ見るべき催し物も
劇場もない。他の都会ならある魅力がSeoulにはことごとく欠けている。
古い都ではあるものの、旧跡も図書館も文献もなく、
宗教にはおよそ無関心だったため寺院もない、
結果として清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある、
堂々とした宗教建築物の与える迫力がここにはない

個人の感情もあるので、全面的に信用するかどうかというのもありますが、
全てを否定することもまた難しいでしょう。
ましてや中共のプロパガンダでもないんだし。

これからもわかるように、自分達の隠したい過去を日本の恥として
宣伝しているその姿勢がうかがえますね。
益々嫌韓の勢力拡大が望めそうです。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。