■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■木綿のハンカチーフ

常々良い曲だなぁと思っていた「木綿のハンカチーフ」。
太田裕美さんの代表曲で当時のチャートでは2位が最高。
それはあの「およげたいやき君」がトップに君臨していたからに
他ならないが、この二曲は違った意味で名曲だと思います。

今日(昨晩になるが)ケーブルテレビで由紀さおりさんが司会の
音楽番組に太田裕美さんがゲストで出演されていて、
「木綿のハンカチーフ」にまつわるエピソードや当時の話をされていました。

ぼくのiTunesには「木綿のハンカチーフ」が2曲入っていて、
聴けばすぐわかるほどのバージョンの違いがありましたが、
今日この番組でそのバージョン違いが存在する理由がわかりました。

知ってしまうと当然といえば当然なんですが、アルバムのバージョンと
シングルのバージョンが存在するという話。
アレンジが派手なシングルバージョンと
クリーンなサウンドのアルバムバージョン。
一発でわかる大きな違いはなんと歌詞だという。

その違うという3番の出だしを比べてみましょう。

シングルバージョン
「恋人よ いまも素直で 口紅も つけないままか」

アルバムバージョン
「恋人よ きみは素直で 口紅も つけないままか」

個人的には太田裕美さんの優しい少し舌足らずな声には、クリーンで
さわやかなイメージのアルバムバージョンのほうが合っているように
思いますし、そちらのほうがお気に入りなのだが、
歌詞はやっぱりシングルバージョンのほうがストーリーに奥行きを
もたせることができる内容になっていると思う。
3番に至って「いまも」とすることで曲で描かれる二人の距離を
リスナーが想像してさらにそのイメージを駆り立てる仕組み。

普段はあまり歌詞を重視して聴いていないが、この曲とキャンディーズの
「微笑返し」は作詞家の「仕事」というものを堪能できる曲でだと思います。
もちろん二曲ともトータルで見ても時代を彩る名曲であることは
まちがいありません。
お勧めです。是非一度聴いてみてください。


太田裕美さん、結構好きなタイプでもあったりするし(爆)
太田裕美オフィシャルサイト「水彩画の日々」
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。