■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■嫌煙考

イングランドのパブ、07年から全面禁煙…英下院可決(Yahoo)
【ロンドン=森千春】英下院は14日、イングランドのパブ、レストラン、会員制クラブを禁煙とする法案を可決した。

 上院の通過も確実視されており、2007年夏から実施される見通しだ。

 英政府が昨年秋に上程した法案では、飲み物だけ提供するパブと会員制クラブを除外していた。しかし、与党・労働党内で、客や従業員の健康のために、対象範囲を広げるべきだという声が強まり、結局、全面禁煙に落ち着いた

 スコットランド、北アイルランドでは、すでに全面禁煙が決まっている。今後、ウェールズも続くと見られ、パブで煙草を吸いながらビールを飲むという、英国らしい光景は姿を消しそうだ。
(読売新聞) - 2月15日20時8分更新

ぼくは嫌煙ですが、ここまで法制化するのはどうかなと思います。
どれくらいの嫌煙かというと、例えばタバコを吸ってむせている人を見ると、
「そのまま喉詰めて死んでまえ」と思うくらいのレベルです。
敵対的嫌煙派というとことでしょうか(笑)

しかしパブなどの個人の趣向をルールを守りつつ楽しむ場での禁煙は
ちょっと納得できないところがあります。
薄暗いバーで紫煙をくゆらせるという渋いイメージに憧れもあります。
ぼくは絶対やりませんが。

あくまで、喫煙は喫煙できるコーナーでということが守られるなら
どんどん吸って勝手に死んでくれということなんですが、
もちろんその場合は店も煙の方向を考慮しなくてはなりませんし、
個人もマナーを遵守するという基本を守らねばなりません。

喫煙者は徹底的に抑圧すべき(免許制で年次更新を希望)だと思いますが、
吸いたいなら他人に迷惑をかけず、吸う人に迎合する店は、
吸わない人を完全に排除するか、迷惑がかからないように配慮すべきです。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。