■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■でた精神鑑定!

昨日の中国人による日本人の幼い子2名惨殺事件。
朝日のダブルスタンダードを確認するために今日の記事をチェック。

「朝に殺害決意」などと供述 園児2人殺人の容疑者(asahi.com)
2006年02月18日00時56分

 滋賀県長浜市で17日、同市立神照(かみてる)幼稚園の園児2人が殺害された事件で、殺人容疑などで逮捕された中国籍の鄭永善(てい・えいぜん)(日本名・谷口充恵)容疑者(34)=同市新庄寺町=が県警の調べに対し、「送っていく子どもを刺そうと家を出る前に決意し、台所から包丁を持って行った」と、当日の朝に殺害を決めたことを供述していることがわかった。鄭容疑者は殺害場所を探し、通園路から大きく外れた水田地帯まで2人を乗せて行ったことも判明。県警は鄭容疑者が当初から強い殺意を持っていたとみて、長浜署に捜査本部を設置して動機などを調べている。

 調べによると、鄭容疑者は17日午前9時ごろ、長浜市相撲(すまい)町の路上に止めた車の中で会社員武友利光さんの次女若奈(わかな)ちゃん(5)=同市新庄寺町=と会社員佐野正和さんの長男迅(じん)ちゃん(5)=同=を刺し身包丁(刃渡り約20センチ)で刺して殺害するなどした疑い。

 鄭容疑者は調べに対し、「刺す場所を探して車で走り回り、人気のないところで車を止めた。後部座席のドアを開け、まず女の子を刺して車外に放り出し、次に男の子を刺して放り出した」などと犯行について具体的に供述している。一方、動機について聴くと黙り込むという。

 司法解剖の結果、若奈ちゃんは心臓を刺されており、迅ちゃんは内臓からの出血による失血死だった。2人が乗っていた後部座席の血痕が少ないことから、捜査本部は鄭容疑者が現場で2人を刺した後、すぐに車外に遺棄したとみている。

 同幼稚園では、保護者が交代で近所の園児を一緒に送ることになっている。3家族を含む4人の園児は毎朝、自宅近くに集合し、親1人が交代で幼稚園に送っていた。

 17日は鄭容疑者の番で、娘を乗せて午前8時50分ごろ、待ち合わせ場所に到着。後部座席右側に若奈ちゃん、左側に迅ちゃんを乗せた。もう1人の園児は休んでいたという。

 殺害後、現場から直線距離で約50キロ離れた大津市内で逮捕されたことについて鄭容疑者は「大変なことをしたと思い、京都に逃げようと思った」と説明しているという。

 鄭容疑者は来日後精神的に不安定になり、03年9月ごろから昨年10月まで、長浜市内の病院に通院。04年春から夏にかけて約4カ月入院していた。

 捜査本部は17日夜、鄭容疑者の自宅を家宅捜索した。今後、検察と精神鑑定の実施を協議する。

こいつが鬼畜でなくて何が鬼畜なのだ。
「女の子を刺して車外に放り出し、次に男の子を刺して放り出した」
おいおい、刺して放り出し、刺して放り出し・・・て(絶句)

朝日など鬼畜メディアを中心に、自称知識人が
テレビでもこの鬼畜中国人が日本人から差別的な扱いを受けている
ことも考慮して、などとほざいているし、
犯罪者の味方「精神鑑定」まで持ち出してこの鬼畜中国人に
実施しようとしている。

こんな鬼畜に情状の余地などあるはずない。即刻極刑でしょうが。

誤解を恐れず言うと、保護者による送迎でもこんな事件が・・・
と悲観的に周辺住民が嘆いているが、ちょっと違う。
-外国人(三馬鹿国人としてもよい)-保護者による送迎なら起こりうる、
ということが今回の事件でわかったのだ。

これを機に三馬鹿国人の犯罪確率をしっかり知り(知るだけでよい)、
三馬鹿国人の入国に厳しい検査を実施して欲しい。

真面目な三馬鹿国人は、こんなことがエスカレートして大人しい日本人による
排斥運動が起こらないように自重して日本社会に貢献して信用される
存在になってください。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。