■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■そんな弁護士に資格なし

山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁(YOMIURI ONLINE)

 山口県光市の本村洋さん(29)宅で1999年、妻(当時23歳)と長女(同11か月)が殺害された事件で殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた同市内の元会社員(24)(犯行時18歳)について、最高裁第3小法廷は14日、死刑を求める検察側の上告を受けた口頭弁論を開こうとした。だが弁護士が2人とも出廷せず、弁論を開くことができなかった。

 改めて4月18日に弁論期日を指定したが、死刑求刑の事件で弁護士の出廷拒否は異例。訴訟遅延行為に当たる可能性もあり、浜田邦夫裁判長は法廷で「極めて遺憾」と、弁護士を強く非難する見解を読み上げた。

 この事件では、書面審理中心の最高裁が、弁論を開くことを昨年12月に決めたことで、死刑を相当とする判決になる可能性が出ている。死刑廃止運動を進める安田好弘、足立修一両弁護士が、今月6日に辞任した弁護士に代わって就任。「日本弁護士連合会が開催する裁判員制度の模擬裁判のリハーサルで、丸一日拘束される」との理由で、この日の法廷を欠席した。

 これに対し、検察官は法廷で、「審理を空転させ、判決を遅らせる意図なのは明白」と述べ、弁論を開いて結審するよう要請。浜田裁判長は「正当な理由のない不出頭」と述べたが、結審は見送った。

 安田弁護士らは今月7日付で、弁論を3か月延期するよう求める申請書も最高裁に提出しているが、翌日却下されていた。安田弁護士はこの日、「被告の言い分に最近変化があり、接見や記録の検討を重ねる時間が必要。裁判を長引かせる意図はない」とする声明を出した。

(2006年3月14日21時4分 読売新聞)


この事件、何から何までおちょくったクソのようなガキが、
普通に、そして幸せに暮らしていた奥さんを旦那さんが留守中に
強姦して殺害し、更にまだ11ヶ月赤ん坊の子供をも無残に殺したという
ほんとうに鬼畜以外に為しえない事件です。

こいつが鬼畜だということはこういう手紙を書いていることからも分かる。
Birth of Bluesさま「光市母子殺害事件 最高裁が英断 無期判決を破棄し死刑判決か?」

※一審無期判決を受けて
「勝った!って言うべきか 負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き…。いやねつい相手のこと考えてしまってね…昔から傷を付けては逃げ勝っている…」

※殺された母子の夫に対し
「ま,しゃーないですわ今更。被害者さんのことですやろ?知ってま。ありゃーちょうしづいているとボクもね,思うとりました。でも,記事にして,ちーとでも,気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし」

※裁判で不幸な生い立ちを演技した事を振り返り
「知ある者,表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出過ぎてしまった。私よりかしこい。だが,もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ,馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ,私は環境のせいにして逃げるのだよ,アケチ君」

※凶行を振り返り
「犬がある日かわいい犬と出会った。…『そのままやっちゃった』,…これは罪でしょうか」


ぼくは今、正直に告白します。
こいつに殺意を覚えました。

・・・・・・冷静に続きを書こう。


地裁高裁と無期懲役という判決で、本当に日本の司法は加害者に甘いと
思わざるを得ない状況でした。
しかし被害者の旦那さんがテレビで取り上げられたりして注目されたと
いうこともあり、「弁論が開かれることで結論見直しの可能性」も出てきた
という矢先、今度はクソ鬼畜を弁護する弁護士が、被害者の心を踏みにじる
行為をやらかした。

今日の法廷を「拒否」した弁護士のいい訳は、日弁連の研修に参加するため
なんだそうだ。
・・・本当にがっくりきますね。
ほんまこれが弁護士のすることか?
日弁連の研修のために本来の職務を放棄するってどういうこと?
そんな弁護士に資格なんか無いやろが。
あほが。


ぼくは死刑容認です。
加害者の元少年、いやクソ鬼畜野郎はなんと24歳になってます。
被害者の奥さんの歳を越えてます。
こんなクソ野郎は可能な限り早く結審して速攻で死刑にすべきだ。
もちろん数々の鬼畜野郎どもの裁判もそうだ。
そんな連中のために税金を払っているわけではない。

ほんとに今日のようなニュースを聞くと、気持ちが落ち込んでしまう。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■本村洋

本村洋光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)は、1999年4月14日に山口県光市で、女性(当時23歳)とその娘(生後11カ月)が、当時18歳の少年に殺害された事件である。凄惨な事件であるとともに、加害者が少年法51条1項の規定により死刑とならな

■最高裁公判に安田好弘弁護人欠席(山口母子殺害事件)

今日の記事は少し長くなるが・・・おそらく記憶の片隅にあるだろうけれど、1999年に山口県光市で起きた「母子殺害事件」の最高裁上告審(口頭弁論)が昨日行われる予定であったが、弁護人である安田好弘弁護士が欠席、弁論が開かれなかったニュースである。詳細は14日

■殺害・弁護士欠席

山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁 (読売新聞) - goo ニュース読売新聞によれば昨日14日最高裁の口頭弁論に弁護士が欠席した為口頭弁論が開けず4月18日に延期になった{/hiyoko_thunder/}この口頭弁論は「山口の母子殺害」で以下のように陰惨残虐なも

■極めて遺憾(光市母子殺害事件上告審)

弁護人不出頭で弁論開けず=「極めて遺憾」異例の見解-光市母子殺害・最高裁(ヤフー...

■山口・母子殺害の上告審、弁護人欠席で弁論延期

asahi.com: 山口・母子殺害の上告審、弁護人欠席で弁論延期山口県光市で99年に母子が殺害された事件で、14日に予定されていた当時18歳の被告(24)の上告審の弁論は、弁護人が「弁護士会の仕事がある」として出廷しなかったため開かれなかった。弁護人は2週間前に

■光市母子殺害事件 最高裁上告審欠席で「福田孝行」の死刑遅延行為したのは、オウム麻原の主任弁護人だった

光市母子殺害事件の弁護を、麻原の元主任弁護士が担当していたらしい。しかも、口頭弁論を欠席し、審理を遅延するという稚拙な戦術。山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁 読売新聞 3/14オウム松本被告の元主任弁護人、光市母子殺害を担当 読売新....

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。