■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ジョージに謝れ

 半島のクソ野郎が個人的な神聖域を侵害してきた。
 これは謝罪と賠償を求めねばならぬかもしれない。

【記者手帳】タダではすまない盗作(朝鮮日報)

 ビートルズのリードギターだったジョージ・ハリソンが1970年に発表した曲『マイ・スイート・ロード』はビルボードシングルチャートを制覇した代表作だ。しかしジョージ・ハリソンはこの曲によって得た収入をある人に“捧げる”ことになった。Chiffonsというグループの63年度のヒット曲「He`s So Fine」の著作権を持つある会社が盗作訴訟を提起し、76年に勝訴したため。ジョージ・ハリソンは「意図的に盗作しておらず、2つの曲が似ているとすれば、それは偶然の一致」と主張し、法廷はこれを認めた。しかし裁判所は当時に「盗作」であることも認めた。「故意性はないが、無意識の中で聴いた曲の影響を受け、曲を書いたとしても盗作は盗作」としたのだ。

 最近、「盗作」は韓国の大衆文化界の大きな話題のひとつ。イ・ヒョリの『Get ya』がブリトニー・スピアーズの『Do something』の原著作権者から「盗作を疑われる箇所がある」という判定を受けた。しかし『Get ya』の作曲者であるキム・ドヒョン氏はあるインタビューで「基本コンセプトは『Do something』のものだが、編曲やメロディーを真似ている訳でもないのに盗作というのは無理がある」とした。ジョージ・ハリソンとキム・ドヒョン氏、果たしてどちらが無念の思いが強いだろうか

 歌謡界だけではない。MBCのドラマ『宮』はあるネチズンがブログに書いた文章をそのまま使い物議をかもすと謝罪した。映画界でも『放課後の屋上』が米国の映画『タイム・リミットは午後3時』と似ているという主張が持ち上がっている。

 中には計略にかかったケースもあるだろう。しかし誰が見ても分かるようなことを「コンセプト借用」という言葉で塗りこめようとするのが韓国大衆文化の「慣習」になっているのも事実だ。このような慣習が、ある日莫大な補償金を支払う「訴訟事件」に発展し、韓国の大衆文化産業を揺るがす可能性もある。ブリトニー・スピアーズ側が要求するのも「名誉」ではなく、「収益金の一部」になる可能性がある。盗作は単純に道徳性だけの問題ではないのだ。

エンターテンメント部=チェ・スンヒョン記者


 このやろう、ジョージに謝れ。
 朴李どもの悪事は天下がお見通しだ。

 残念ながら日本も偉いことはいえない。
 どう考えてもパクリすぎというチンケな歌手や作り物のアイドルが大手を振って泡銭を巻き上げている。

 そういえばかつて村上春樹氏が某スマップ(あ(^^;)の無礼なパクリに疑問を呈して頭病んでいるジャニヲタに抗議され、その抗議を一蹴した事件を思い出した。
 ぼくはあの事件が春樹氏のサイト閉鎖の直接の原因だと未だに思っている。
 だからジャニヲタへの憎悪も人一倍なのだ。

 横道にそれました。
 半島のパクリは誰でも知っているし、第一確信犯であること。
 そんな腐れ仕事とジョージの仕事を一緒にするなと、
 そんなキムチ臭い仕事と一緒にするなと、
 今日はそれが言いたかったのです。

 参考:<丶`д´> パクリ大国 南朝鮮 + { となりはずっと『日流熱風』 } + pakuri 韓国( ´Д`;)



ジョージが知ったら悲しむよ、ホント。。。

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■曲まで、Georgeに似ていて、凄いね~~!

ジョージ・ハリソンの息子、ダニー・ハリソン HP。曲も聴けます!                                                      ジュリアンの時も驚いたけど、今回も驚きました。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。