■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■イーネッ

友人が親指立てて何度も「イーネッ」と言うので、
「やかましわい」と軽くつっこんでみました。
なんと芸能人(歌手なのか?)が言ってる言葉らしいですね。
知るかいなそんなん。アホか。
どーでもええクソ芸人のネタ使ってなにを嬉しがっとんねん。


さて石原都知事が脚本・製作を務める映画が製作されるらしいですね。
念仏平和教の人にとって、また軍靴の音による幻聴の原因になりそうですね。
突然キレた石原都知事、会見で記者を一喝!(Yahoo.com)
石原慎太郎都知事が脚本・製作を務めた映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』の制作発表が都内で行われた。本作は、実在した“特攻の母”鳥濱トメさんの視点から見た特攻隊員たちの散りゆく青春を描いた作品。

会見場には作中で特攻隊員を演じた役者たちが特攻隊の姿で整列し、報道陣を敬礼で出迎えるという手の込んだ演出を見せた。特攻隊員が母に宛てた手紙の朗読が行われ、桜吹雪とともに窪塚洋介ら主要キャストと石原都知事が現れると豪華なメンバーの登場にたくさんのフラッシュがたかれた。

会場に招待されていた元特攻隊の来賓者が、当時のエピソードを5分以上にわたってキャストたちに語ると、会場は神妙な雰囲気につつまれた。

「坊主になれない俳優はいらん!」との石原都知事の言葉どおり坊主頭になり、自衛隊の訓練にも参加したという窪塚洋介は、「未来の礎となってくれた英霊に、感謝と尊敬をもって自分の役を演じたいと思う」と復帰2作目となる本作への意欲をしめした。

この日は、過激な発言を監督からも止められていたという石原都知事だったが「窪塚洋介を起用した理由は?」と聞かれると「若い人はよく知らないからわからない。おれが演じてもらいたかったのは岸(恵子)さんだけ」とさっそくのヒヤヒヤ発言。

また、「特攻の命令が出て、あと1日しか生きられなかったら何がしたいですか?」との記者らの質問に「くだらない質問するんじゃない! まずは自分から考えろ!」と一喝。やっぱり過激な石原都知事に、キャストからは苦笑がもれたが、最後は「(映画の完成を)おれは待ってるぜ!」と、弟・裕次郎の名ゼリフでキリリと締めくくった。
(FLiX) - 4月7日16時16分更新

「坊主になれない俳優はいらん!」だって(^^)聞いてますかキムタクさん。
少なくとも客寄せのためのいちびったジャニ系などお呼びでないようだし、
観た人に「イーネッ」と言われる映画にしてもらいたいものです。
いや・・・やっぱり「イーネッ」と言うような感想を持つ人間はどうか
と思ったりもするなぁ。

それにしても最後の文字を赤く&大きくした質問をした輩。
ホントにくだらない質問ですね。
そんな質問を軽々しくするなんて、心の中はもう日本人じゃないかもね。
そんな輩は是非知覧特攻平和会館へ行って、
そんな愚かな質問ができる己の恥ずかしい愚かさを知ってください。

写真は2003年の春に訪ねた際に撮った、鳥濱トメさんの歌碑(顕彰碑?)です。
ここ(知覧特攻平和会館)へ行けば、靖国の代わりなどは
とてもじゃないけど考えられないことが嫌というほどわかります。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。