■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■炎上確認

既に死に体、福島みずほの書いたブログが大炎上中。
なんと1300件以上のコメントが書き込まれている。
おいおいなんて羨ましい(←これこれ)

とりあえず逃げられても大丈夫なようにエントリ引いておきます
ヴィーナスblogさま「「思想・良心の自由は守られているか」(福島みずほ・社民党党首)」
 予算委員会で、連日質問する日が続きました。3月23日は、日の丸・君が代国旗・国歌法について、3月27日は、憲法について、総理に質問をしました。

 日の丸・君が代国旗国歌法が、1999年に成立する際には、当時の野中広務官房長官は、「国として強制したり、あるいは義務化することはございません」「また、国民生活に何ら変化や義務が生じ、影響を与えるものではない」と国会で答弁をしています。しかし、成立した途端に学校現場には、凄まじい強制が起きました。

 本当に歌っているのかどうか、チェックをしている学校があります。歌う音量チェックをしている学校があります。東京都の教育委員会は職員を派遣して、学校のなかでチェックをしています。旗のほうに「注目」をしなかったことで調査がはいった先生がいます。学校現場は年々きつくなっています。

 法案成立後の処分がどうなっているか、という質問に対して、文科大臣は「公立学校の教職員に対する国旗掲揚、それから国歌斉唱の取扱いに係る訓告等を含む懲戒処分の件数は、国旗及び国歌に関する法律の成立前の平成10年には161名であったが、成立した11年度には96名、成立後の平成12年度には265名となっております」と回答しました。

 また、「公立学校における国旗掲揚、国歌斉唱の取扱いに係る懲戒処分は、そのほとんどが校長等の職務命令に従わなかったことによる職務命令違反の責任を問うものであると認識をいたしております」とも回答しました。

 しかし、処分をちらつかせて、踏み絵を踏ませるようなことをしておいて、そこに思想・良心の自由があるでしょうか。また、現場で起こっていることは、明らかに当時の野中広務官房長官の発言に反していることは明らかです。
北九州の裁判でも、判決で、教育委員会が教職員や児童生徒が起立して君が代を斉唱しているかを監督することは教育基本法が禁じた各校長に対する不当な支配にあたると判断しました。

 上から弾圧しておいて、魂の自由のないところに教育はあり得ません。国家が個人の内心に入っていくことは大問題であり、教育に公権力は入ってはならないのです。

 小泉さんは靖国神社参拝について「私にも心の自由がある」と言いますが、それは違います。憲法が保障しているのは、権力者の自由ではありません。
権力者の言動を縛ることによって、私たち市民の自由を確保させることこそを求めているのです。だからこそ思想、良心の自由を守ることは、国の責務なのです。

 27日の予算委員会では、引き続き、この点を首相に質問しました。
首相は「憲法にしても国家にしても、国民の権利を守ると、基本的人権を守ると同時に、その守るためには権力というものが必要なんですね。この両面が必要なんです。権利が大事であるということと同時に義務も重要であると。権力がなければ国民の安全は守れないんです。その辺の調整、よく考えないと、単なる国家が国民を支配するということだけじゃないんです・・・」と答えています。

 しかし、今、現場で起こっていることは、まさに権力によって強制され、権力が市民に保障するべき自由が壊されているのです。首相はこのことを直視していません。

 また自民党の新憲法草案には、今の日本国憲法から「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し」という文章が削除されていることを指摘しました。なぜでしょう?なぜ、過去の戦争への反省と再び戦争を起こさないという未来への決意が削除されているのでしょう。

 何を子ども達に伝えるのか、私たち大人に問われています。教育という未来をつくる現場では、子ども達、親たち、先生たち、来賓の人たちが国歌国旗を強制され、自由が壊されています。その背景には、歴史を直視して伝えていくのではなく、国家の都合のいいように歴史をかえていく動きがあり、その動きは子どもたちが学ぶ教科書の記述に表れています。

 過去の戦争では、国家神道が強制され、思想良心の自由が壊された上に成り立ちました。だからこそ、同じことを繰り返してはなりません。今の自民党の憲法草案のように、国家が私たちの心に入っていくような憲法にしてはいけません。権力者の言動こそが縛られ、思想信条の自由をはじめ、市民の権利や自由を確保する今の憲法をしっかりといかしていきたい。そのために、みなさんと力を合わせていきましょう。

★福島みずほ ホームページ http://www.mizuhoto.org/

いやあすごい。もうめちゃくちゃ・・・

もう眠いので寝ますが、念のために現時点でのコメントログはコピペしました。
もう逃げれないね、社民党。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。