■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■水金地火木土天海冥・・・

知りませんでした。
既に冥王星の向こう側?の新しい惑星が発見されていたなんて。

太陽系10番目の惑星の大きさ、冥王星とほぼ同じ(Sankei Web)
 【ロサンゼルス=岡田敏一】米航空宇宙局(NASA)は11日、昨夏に「太陽系10番目の惑星」と発表した天体(UB313)の大きさが、冥王星とほぼ同じであると発表した。ハッブル宇宙望遠鏡の観測で明らかになった。
 この天体は、地球から約160億キロ離れ、約560年かかって太陽の周りを1周する。

 独ボン大などによる地上からの観測では、冥王星より3割ほど大きいとみられていたが、昨年末、より正確な測定能力を持つハッブル宇宙望遠鏡で改めて調査した。

 その結果、直径は約2400キロで、同じハッブル宇宙望遠鏡で測った冥王星(直径約2300キロ)より、わずかに大きいだけだった。NASAでは「ほとんど双子のようなものだ」と話している。

冥王星は、月より小さく他の惑星と軌道も少しずれていてある種異質な
惑星だったと記憶していますが、よく似たもんなんでしょうか。
とてつもなく、当たり前のごとく天文学的に遠いのでそんなに簡単に
色々なことが判明するわけじゃないけど、
なんかロマンを感じますね。
宇宙旅行なんて行きたくないけど(笑)

それにしても子供の頃覚えたあの
「すいきんちかもくどってんかいめい」
これってどうかわっちゃうんでしょうかね。

まさかあのセント○ア市とか南ア○プス市とかのようにカタカナに
なっちゃわないだろうな。。。

それだけはやめて欲しい。
サターンだって土星なんだしね。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

宇宙望遠鏡宇宙望遠鏡(うちゅうぼうえんきょう)とは、軌道上に打ち上げられた望遠鏡のこと。多額の費用と打ち上げの困難はあるが、地球大気に邪魔されず観測ができるために現代観測天文学の重要な道具となっている。Image:BlackHole1.jpg|thumb|right|288px|宇宙望遠鏡に

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。