■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■いつか必ずやることになると思う

「竹島」日韓合意 次官会談 韓国名、提案せず 今回の海洋調査中止(Sankei Web)
 【ソウル=久保田るり子】竹島近海で日本が計画中の海洋調査をめぐる日韓の対立は二十二日、日韓次官級会談で、(1)韓国が六月の国際会議で竹島周辺の海底地形の韓国名表記提案を行わない(2)日本は今回予定していた海洋調査を中止する(3)両国は日韓の排他的経済水域(EEZ)境界画定協議を五月中にも再開する-の三点で合意した。二日間にわたった協議でぎりぎりの妥協が図られ、両国は危惧(きぐ)された海上での物理的な衝突の危機を回避した。

 谷内(やち)正太郎外務事務次官は会談終了後、「このままでは不測の事態が起こりかねなかったが、避けられてよかった」と率直な感想を述べた。一方、韓国の柳明桓外交通商第一次官は会見で、合意事項にある日本の海洋調査中止について「撤回という意味と認識している」と述べ、解釈で玉虫色の部分を残したことをうかがわせた。

 合意した三点は、谷内次官が訪韓に際して用意していた日本側の“妥協案”だ。交渉開始時は日本の「科学調査」を韓国が「主権侵害」と位置付けるなど基本認識で多くの違いを見せていた。

 だが、協議が決裂した場合、韓国が日本の測量船を実力で排除すれば国際法違反となるだけでなく、韓国が存在を否定する竹島(韓国名・独島)をめぐる領土紛争を顕在化させ、逆に国際的に不利になりかねず、「韓国側は実をとった」(交渉関係筋)との見方もある。

 二日間の協議は十六時間近くに及び、二十二日夕刻を過ぎても主張の隔たりは埋まらず、「このままでは決裂するかもしれない」との声が聞かれた。韓国側が一度、会議室を出て地下駐車場に向かったところを日本側が呼び戻して、最終協議に持ち込んだ。

 特に竹島問題は韓国の国民感情に直結するだけに、韓国側は日本の調査を「竹島近海の紛争化により領有を狙っている」とみて調査計画の撤回を求め、柳第一次官は終始硬い表情で「われわれの立場は譲歩できない」と強調。一方で、韓国名表記について「時期を明示したことはない」と六月の国際会議に提示しないことを示唆するなど、韓国側も衝突回避の道を探った。この点について柳次官は協議後、合意が韓国名表記の提案を「適切な時期に行う」としていると指摘、韓国の立場を貫いたと強調した。

 合意を受けて鳥取県・境港沖で待機していた海上保安庁の測量船二隻は二十三日午前、東京に向けて撤収する。韓国の聯合ニュースによると、韓国海洋警察庁も竹島周辺に非常配備していた警備艦艇に撤収を命じた。

                   ◇

 ■危機は回避、なお火種

 竹島近海を含む海上保安庁の海洋調査をめぐる日韓両政府の協議が合意したことで、政府は当面の危機を回避できたと判断している。海上保安庁の測量船を鳥取県沖合に待機させて調査実施に踏み切る構えをとりながら、外務事務次官が直接、韓国に赴き外交交渉による解決を目指した姿勢が功を奏した形だ。だが、韓国側が今回の合意について、日本が韓国の主張に譲歩したためだと国内外に強弁する可能性もある。円満な解決のために妥協を重ねれば、将来に禍根を残す構図に変わりはない

 政府は海上保安庁の測量船が公海である排他的経済水域(EEZ)で海洋を調査するのは、国連海洋法条約上で認められた正当な行為だとする一方、測量船が調査に踏み切れば、拿捕(だほ)や警備船での体当たりも辞さないとの強硬論が韓国国内に出ていたことを危惧し、外交交渉による解決を訴えてきた。

 その意味で、合意は「国際法にのっとり、両国が互いに冷静に対処し、円満に解決しようとした努力の結果」(安倍晋三官房長官)と評価している。

 しかし、政府内には今回の海洋調査が結果的に中止となったことを重く受け止める向きもある。日本は東シナ海の石油ガス田開発や日本列島周辺海域での大陸棚調査などを抱えているが、国際法で認められた正当な行為の海洋調査が、韓国の一方的な要求をのむ形で中止に追い込まれたことは、日本がこうした海洋権益を守っていくうえで今後、大きな支障になりかねないからだ。

 合意では、平成十二年から中断しているEEZの画定交渉を五月中にも再開することも盛り込んだが、韓国が竹島の不法占拠を続けている現状で、画定交渉がすぐに暗礁に乗り上げるのは明らかだ。また、韓国は日本の抗議を無視して過去四年間、海洋調査を強行しており、日本の海洋調査中止を決めた合意で「韓国の行為が既成事実化してしまう」(首相周辺)との懸念もある。

 六月の国際会議での海底地形の韓国名提案は見送ったが、来年も開かれる同会議に向けて韓国が再び名称提案に動けば、すぐに問題は再燃する。

                   ◇

 【合意骨子】

 一、韓国は六月の海底地形に関する国際会議で竹島周辺の独自名称提案を行わない。ただ、必要な段階で適切に推進

 一、日本は今回予定の海洋調査を中止

 一、両国は排他的経済水域(EEZ)の画定交渉を五月中にも再開(共同)

なんやねんこれ。

拙ブログ「2006.04.21 やっぱり待ったか」
「なら韓国に手を出させれば良いのだ」と書いたが、
ぼくは正直、半島の馬鹿野郎共とはいつかやりあわないといけない時が
必ず来るだろうと考えている。
それは外交の手段である戦争という行為をもってしてだ。

ぶっちゃけ今のままでは竹島も北方領土も帰ってこない。
そしてこのままでは、尖閣諸島はおろか対馬まで盗られかねない。

どこかで大東亜戦のように「座して死を待つより」という時がやってくる。
それはぼくの子供の世代だろうか、その子供の世代だろうか。。。

今回の外務省の役人が導き出した結果は、その「時」を今ではなく
1日以上未来へ引き伸ばしただけに過ぎない。

日本は我慢を重ねる。
過去もそうだった。
まるでナチス支配下のドイツのような国をイメージする方もいるが、それは違う。
今よりは多少不自由だったかもしれないが、少なくとも「清貧」があった。

我慢した。
背伸びもしただろう。
少し傲慢にもなっただろう。

でもぼくらの祖父や祖母なのだ。
サヨクの伝える下衆で愚かな連中なんかではない。
面影がある。そんな過ちを犯す人達ではないとぼくは胸を張って言える。

その祖父や祖母が「仕方なし」で底なしへ踏み込んだ、そういう時代があったのだ。

日本を取り巻く今の現状は、その「仕方なし」へ進む素地を多分に含んでいる。
敵が「共産勢力と白人」から「共産勢力と朝鮮人」に変わっただけだ。

今日の「事なかれ」は将来の「事ありき」、いや大事につながると
真剣に心配する。

「子どもたちを戦場に送るな」の活動家たち、子供を送るか己が行くか、
その判断ができるのか、その覚悟があっての上で奇麗事を言ってるのか。

朝鮮民族とこのままでやっていけると夢想する人たちの多くは、
このような活動家やその思想に多かれ少なかれ共鳴する人たちだろう。

その人たちはどう考えているのだろう。
お花畑系の「日本が悪い」ではない、国と子孫の将来を本当に想う人たちが
もしそちら側にいれば、その意見を聞いてみたいが、
答えられたところで、こちらに答えられる用意もないのが現状だ(これこれ)。

少なくとも、日本にあらゆる非を押し付け、それを嬉々として受け入れている
人種がこの国に沢山いるという事実が、売国の政治家を国会に送り込んだり、
売国の役人を大量生産しているその大きな要因であると<ぼくは>考えます。

今回の打算的な一時の終局もその力が大きく働いたと実感しています。

BGM - I Don't Know by Ozzy Osbourne
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。