■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝日には載らない記事

「靖国」で中国要人と激論 原田衆院外務委員長(Sankei Web)
 中国を訪問していた原田義昭衆院外務委員長(自民党)は24日、北京市内で中国の武大偉外務次官、姜恩柱全人代外事委員会主任委員らと相次いで会談、靖国問題などで激論を交わした。
 武次官は小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「両国の政治外交関係が頓挫しているのは、日本のごく少数のリーダーがA級戦犯が祭られた靖国に参拝するからだ」と批判した。

 原田氏は「靖国神社は敬愛されており、首相の参拝は当たり前。中国の批判に圧倒的多くの日本国民と議員は怒りを感じている。中国と同様に日本も誇り高い独立国であって、内政干渉に屈するのは断じてできない」と中国側の再考を促した。

 原田氏は東シナ海の日中中間線付近での中国のガス田開発の中止を要求したが、武次官は拒否した。また原田氏は中国原子力潜水艦の領海侵犯事件、上海領事館員自殺事件、反日暴動について「中国の謝罪は行われていない」と指摘中国の軍拡には懸念を示した

 同日夜帰国した原田氏は「意見の違いを認めつつ極めて重要な日中関係を築くのが両国の政治家の役目だ。中国は日本国内の意見を正確に知るべきだ」と話している。

言うべきことを言う。

日本の普通の政治家がここにもいました。
共産党からアメをもらってワンワン言っている売国7人衆との違いは
ここにあります。

日本ではグッジョブ&グッジョブ、お祭り状態ですが、
まったく当たり前のことを言っただけだっちゅうことを肝に銘じておこう。

逆に「まだまだ甘い」とつっこむ報道や知識人もいて良い。


さて、ご本人のブログもある。
そこから某クルマ会社のおっさんに聞かせたい一文を引用します。
衆議院議員 原田義昭 Blog「何故、私は闘うのか」
国益を守るためには断固として闘うべきであり、「国益」とはただ経済的な側面ばかりでなく国民としての「誇り」とか「生き甲斐」など精神的な価値もしっかり含まれているのだ。日本の外交は腰が弱いと久しく言われていますが、私は文字どおり戦いに行くような気持ちでこれら要人たちと激論し、遠慮することなく日本が今何を考えているかを伝えてきたつもりです。

うむ、信用に値する政治家でしょう。
これからのお働きに期待すること大であります。

一つ、ブログからリンクされている中国人との会談内容で
気になる部分がありました。
中国外交関係要人との会見(pdfです)
小泉首相はA級戦犯を除いた多くの英霊たちに祈りを捧げているし平和を誓っている。

小泉さん「A級戦犯を除いた英霊に祈りを捧げている」って言いました?
そこまで言及してたっけなぁ
政府見解では、戦犯は国内では犯罪者にあらず、であったはずですし、
個人でこんなこと言いましたっけ?

どなたかご教授ください。。。

それにしても「会見」の内容、ほんまどうしようもおまへんな。
こっちの話は無視あるいは速攻拒否、自分の言い分だけ抜けぬけと。

いつまでも中華思想でやっていけるわけないだろうが。
聞いてるか小中華の半島賊ども。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。