■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■北の朝鮮人よ覚悟しろ

横田早紀江さん、米大統領と面会 被害者と家族の苦悩訴え(Sankei Web)

 【ワシントン=中村将】訪米中の拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(70)と弟、拓也さん(37)が28日午前11時(日本時間29日午前0時)から、ブッシュ大統領と面会した。面会で大統領は、「国の指導者が拉致を奨励するのは心がない」と北朝鮮の金正日総書記を批判。そのうえで、「(拉致問題解決への)働き掛けを強めたい」と述べた。
 面会は30分間で、加藤良三日本大使が仲介役として同席した。早紀江さんらは北朝鮮側が提供してきた、拉致された直後とみられるめぐみさんの写真や他の拉致被害者の写真、早紀江さんら家族が英文でメッセージをかいた手紙、拉致被害者救出の象徴である「ブルーリボンバッジ」などを大統領に直接手渡し、拉致問題解決への協力を訴えた。

 ブッシュ大統領は神妙な表情で早紀江さんの訴えを聞き、早紀江さんもブッシュ大統領の話をひざの上で手を組んで真剣に耳を傾けた。また、拓也さんは大統領の方に身を傾けて、一言も聞き漏らさないような表情だった。

 面会で大統領は、「最も心を動かされた面会の一つだ。お母さん(早紀江さん)がほしいのは再会だけだ。信じがたいのは、国家として拉致を許したことだ。指導者が拉致を奨励することは心がない」と指摘。

 さらに、被害者家族たちが拉致問題解決に向けさまざまな運動を展開していることに、「人権を尊重しない人に発言するのは勇気のいることだ。お母さんたちの行動を誇りに思う。人権を尊重することを私たちは守る」と語った。

 また、マクレラン米大統領報道官は、早紀江さんらと大統領の面会について「大統領は北朝鮮の人権状況に関心を持っている」と述べた。 

 面会に先立って、早紀江さんはホテルのロビーで、「今年中にはたくさんの拉致被害者、苦しんでいる人が自由になれるようお力添えいただきたいと訴えたい」と語った。拓也さんも「他の被害者の気持ちも含めて、心を通してブッシュ大統領にお伝えしたい」と話した。

 一方、公聴会を主催した国際人権小委員会のスミス委員長(共和党)は、拉致問題を7月にロシアのサンクトペテルブルクで開かれる主要国首脳会議(サミット)の主要議題として提起するよう、ブッシュ大統領に働きかけていく意向を表明した。


≪横田早紀江さんの手紙全文≫


 横田早紀江さんがブッシュ米大統領にあてた英文の手紙の全文は、次の通り。

 親愛なる大統領閣下

 娘のめぐみは1977年、北朝鮮に拉致されたとき、13歳で、中学校から歩いて帰る途中だった。その後、20年間は、彼女に何が起きたのか分からず、苦悩の時を過ごした。

 後に亡命した北朝鮮工作員からめぐみが拉致されたことを聞いた。工作員は「彼女は、工作船の船底にある小さな暗い部屋に閉じ込められ、(日本から北朝鮮へ)暗い海を渡る間、『お母さん助けて』と叫びながら、部屋の壁をつめでかきむしっていた」と証言した。

 同封したのは、拉致された後、北朝鮮で撮られためぐみの写真。めぐみは、音楽が好きで、元気な女の子だった。でも、この写真では、とても寂しそうで、私は、思わず「めぐみ、あなたはこんなところにいたの。とても怖かったでしょうね。まだ助けてあげられなくてごめんね」と言い、写真をなでた。

 今でも、めぐみとほかの拉致被害者は、北朝鮮で生きているに違いない。子供の失われた年月は、取り返しがつかないが、世界中の国から拉致された被害者を救い、残りの人生を自由の国で過ごさせてあげることはできる。政府から非道な人権侵害を受ける北朝鮮の国民のことも忘れてはならない。

 大統領、私たちがあなたと米国民の助けをどんなにありがたいと感じているか知っていただきたい。


 横田早紀江


(共同)


 動いた。

 やっと動いた。


 世界一の圧倒的な権力者が、いち一般市民と面会してコメントを出した。
 日本で家族会が必死になって活動しても日本の政治はほとんど動かなかった。
 一部の-自称平和主義者とか自称平等主義者とかの胡散臭い連中が嫌う-右翼政治家のみが耳を傾けて地道な活動を続けていた。

 どちらに正義があるのか。
 サヨクとかお花畑の「日本が悪い」とそれが全てのスタートになる阿呆は早く目を覚まして欲しい。

 だらだら電波を飛ばしても、三馬鹿に心を買われた日本の左派がその汚い顔でのうのうと勝手できる時代は終わった。


 日本国内の反日分子と、その不等な力を恐れた事なかれ主義者どもに正義の鉄槌を。
 北の朝鮮人国家の非道を隠し、なおかつそれを手助けした全ての外道どもに正義の鉄槌を。

 異常な特権を貪る在日に、強盗旅行に来る三馬鹿人に、自虐洗脳を続ける日教組に、そのほか、日本人をこれほどまでに馬鹿にした全ての連中に正義の鉄槌を!
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■[北朝鮮]やっぱり多分アメリカは本気だ

少し前から、アメリカの北朝鮮に関する動きについて、「本気」の度合いが高まっているというエントリをしておりましたが、この流れはやはり本物ということなのでしょう。横田さん拉致解決訴え、ブッシュ大統領が協力約束(讀賣新聞)(ニュース元はこちら)(...

■少しずつだけど変わり始めた日本

外務省がロシアに抗議 教科書記述めぐる批判に反論(産経新聞) 政府は28日、北方領土の記述に関する文部科学省の教科書検定結果にロシア外務省が先月末、批判の談話を発表したことに対し、ロシア政府側に抗議したことを明らかにした。 同日午前の閣議で決定した鈴木宗

■母の思いよ世界に届け!

北朝鮮の拉致被害者横田めぐみさんの母親の早紀江さんがアメリカ議会下院の公聴会での証言に続き日本時間のきょう未明にアメリカのブッシュ大統領に面会しました。詳細についてはほかのブログでも記されていると思いますのでここでは詳しくは書きませんが渡米後....

■横田さん、米国で涙の訴え!ブッシュも涙!

横田めぐみさんの御母上。早紀江さんが、米国で涙の訴え 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。