■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■がんばれ麻生さん

麻生外相 総裁選に意欲 推薦人確保に自信(Sankei Web)
 【ワシントン=大谷次郎】訪米中の麻生太郎外相は1日夜(日本時間2日午前)、ワシントン市内のホテルで同行記者団と懇談し、9月の自民党総裁選への出馬に必要な推薦人20人の確保に自信を示し、改めて出馬に意欲を表明した

 麻生氏は総裁選への対応について「5年前(の総裁選のとき)も20人集まった。自信はある。いまは派閥では動かない」と強調。自身が目指す国家像に関しては「活力ある高齢化社会」「小さくても強い政府」の2つを挙げた。ただ、総裁選での公約になる政策提言や政権構想をまとめる時期については「総裁選では政策をきちんと戦わせないといけないが、出馬するときに出すものだ」と述べるにととどめた。

 麻生氏はこれまで、総裁選出馬に意欲を示しつつも「(推薦人が)20人が集まる前提で話すのは僭越(せんえつ)だ」と明言を避けてきた。推薦人の確保に自信を示したことで、総裁選をにらんだ動きを今後加速させるものとみられる。

4人の首相候補の中で、ぼくの価値判断で好しとするのが麻生さんと安倍さん。
他の二人、特に福田は今のままでは日本のためにならないと思う。


麻生さんを推す一番の理由は安倍さんの長期政権のため。
麻生内閣でもっともっと経験をつみ、能力を伸ばし、英知を蓄積し、
左派の衣を被った偽者や右派の仮面を被った愚か者を炙り出したあと、
じっくりと日本の再構築を行ってもらいたい。

そのための麻生さんの(ちょっとへんちくりんな答弁もあるけど)
今まで言えなかったことをあっけらかんと言ってしまうそのやり方で、
日本に少なからず起こるだろう拒絶反応を、クッション役として
受け止めてもらい、なおかつそれを正しい方向へ導いて欲しい。

そこまでの力量が麻生さんにあるかどうかわからないが、
三馬鹿に頭を下げることがまず第一に来る福田に比べれば
それはもう天と地ほどの差があると思う。

がんばれ麻生さん!


一つ気になることと言えば、日本を想う保守の支持が麻生派と安倍派に
分裂してしまい、日本滅亡へのステップを更に一歩進めてしまうことと同意の
福田首相誕生ということになってしまうこと。

最近朝日などが三馬鹿首領の共産野郎から指示されて熱を上げている
「福田さんが注目されている」大キャンペーンも、そこそこの効果をみせるだろう。
その影響にもよるが、なんとしても朝日なんぞの謀略に乗ってはならない。

そのためにも
麻生さんがんばれ!
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。