■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■自由を!

未だにこんなことやってるから、加速度的に反朝鮮を口にしても黙認される
風潮が作られていくんですよ。
黙認を過ぎて、積極的に発言している市井の小グループも既に巷にちらほら。

帰るなら今のうちですよ。
統一して北のあらゆるマイナスを抱えこんだら、もう立ち直れないんだから、
今のうちに帰って同民族から差別(デフォルト)されながらがんばって
土着してくださいな。

朴実さん:新曲「チョロプ」発表 在日コリアン2世の音楽家 /京都(Yahoo)
 ◇卒業式での君が代演奏に抗議の意思込め
 在日コリアン2世で、朝鮮の民族文化を紹介するグループ「ハンマダン」代表の音楽家、朴実(パクシル)さん(62)=伏見区=が7日、朝鮮民族打楽器と西洋楽器によるアンサンブルの新曲を発表した。題名は「卒業」を意味する「チョロプ~3・23~」。2人の子供が通った京都市立小の卒業式での君が代演奏を止められなかった思いなどを音楽に託した。
 きっかけは、87年の二男哲(チョル)さん(31)の卒業式。「君が代は植民地支配の責任者である天皇を称える歌。子どもに強制するのは親として残酷」と、学校側に演奏取り止めを求めたがかなわず、当日は哲さん、5年生だった長女幸子(ヘンジャ)さん(30)と演奏時に退席、抗議の意思を示した。
 この時の悔しさを音楽に、と構想して19年。朝鮮音楽特有の変拍子を西洋音階にするとイメージ通りにいかず、修正を重ねて昨年末に完成した。曲中では4種類の朝鮮の打楽器がリズムを刻む一方、ピアノなど5種の西洋楽器が君が代の旋律を不協和音で奏で、朴さんの心象を表現する。
 この日、上京区であった初演は、朴さんの母校・京都市芸大の同窓会の協力で実現。「ハンマダン」メンバーでもある哲さん、幸子さんと朴さんの親子、同大の大学院生ら計10人が共演した。初演を終えた朴さんは「『何が始まるのか』と会場の空気に緊張感があり、こちらも緊張した」とほっとした様子。そして「いずれは大編成のアンサンブルにも挑戦したい」と意欲を見せた。【武井澄人】

5月8日朝刊
(毎日新聞) - 5月8日14時0分更

日本の公的な教育機関(この場合は小学校)の卒業式で、
日本人が日本の国歌を歌う自由をこの朝鮮人は認めないのか?

なんで日本の小学校に通うんや?
貴様らのいう「天皇を称える」国歌だからなんやねんな?
なんか不都合あるんか?日本の国歌や。

ウリナラマンセーなんやろ?朝鮮学校にでも通えばええやろが。
日本の学校を出たことには当然(強調)ならんが、
朝鮮の学校を出たことになるんっとちゃうん?よー知らんけど(笑)

なにか?
朝鮮の学校は日本の学校より程度が低いから日本の学校に通わせてるんか?
ウリナラマンセーやからそんなことあらへんわな。

ほんま、ええかげんにしとかんと。。
そろそろ、えらいメにあうで。
しらんでほんま。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。