■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■完全平等なんて人間には無理ってな

橋下弁護士、申告漏れ 税法…詳しくなかった?(Sankei Web)
 テレビタレントとしても活躍している橋下徹弁護士(36)が大阪国税局の税務調査を受け、平成16年末までの3年間で、約2500万円の申告漏れを指摘されていたことが22日、分かった。同国税局は過少申告加算税など約1000万円を追徴し、橋下弁護士は修正申告に応じた。

 関係者によると、橋下弁護士はタレント活動に必要などとして、経費請求した飲食代などの一部について、領収書がないなど、実際に支払いがあったか確定できないものがあった。こうした領収書がない経費の申告について、国税局は経費処理を認めず、申告漏れとしたもようだ。

 所属芸能プロダクション「タイタン」(東京都)は、「一般的な税務調査で生じた見解の相違と聞いている」としている。

 橋下弁護士はテレビ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などにレギュラー出演し、多くの講演活動もこなしている。17年5月に公示された高額納税者番付では約1463万円を納め、初登場した。

【2006/05/23 東京朝刊から】

橋下さんもやっとってんなあ。
まあどっかでそんなこともせんと生きていかれへんねやろ。
と漠然と読み流してましたが、橋下さん反撃です。

知りませんでしたが、公式サイトブログもあります。

以下引用させていただくのは橋下さんブログのエントリである、
橋下徹のつぶやきダイアリーさま「本日付・産経新聞の報道について」よりです。

「申告漏れ」という言葉は非常に怖いもので、①売り上げを漏らした場合、②架空経費(実際には経費として支払いがない)を計上した場合、③経費として支出はあったが単に領収書がない場合、新聞社は全てを含んで用いますが、世間では、①②として認識することでしょう。

そうですねぇ、確かに①のイメージが漠然とありました。
これって印象操作?

でも橋下さんは③だとおっしゃってます。

で悪のイメージしかない①と②の印象を持つような報道をした産経に対して
相当な嫌悪感をしめしています。

産経新聞の記者は、非常に社会人としてのマナーが悪く、当事務所に電話をかけるだけで全ての情報を仕入れるつもりだったのでしょう。
事務所事務員が対応しましたが、産経新聞と名乗るだけで、取材に応じるわけにはいきません。身分が確認できない状態で、事務所の経理内容について話すわけにはいきません。当初産経新聞の記者と名乗るものは、修正申告額についても事実からかけ離れたむちゃくちゃな額を言い、私が、既に3年前に出演しなくなったTBS「サンデージャポン」という番組を持ち出して、私がその番組内で本件について話していたと嘯いていたようです。対応に当たった当事務所の事務員も、当該記者の社会人とは思えないような口ぶりに、およそ全国紙の記者としての信用性のひとかけらも見出すことができず、取材には応じませんでした。
当該記者は、「国税局担当で、若い者が情報を提供してくれる。取材に応じてくれないなら、こっちで勝手に書くから」と捨て台詞をはいたようです。

こりゃあ相当ひどいですね。

「人が死んでんだ! 社長を出せ!」とかなんとか言ってた正義面の
記者とだぶってきますね。
取材してやってるんだから、誠心誠意答えろやコラって感じかな。

産経新聞は、その一貫した主義主張と日本の伝統を重視した記事内容から、大変面白く購読しておりましたが、やはり世間の一般的な認識どおり、非常に偏った新聞であることも認識しました。ただ、このまま購読は続けます。

ぼくも新聞は産経ですが、それは今まで朝日だった反動に近いものがあります。
産経しか無いんですよ、実際問題。
選択肢が無い。これは相当なことだと思いますが、それは日本の現状が
左派の支配する異常な状態だということで我慢しています。

それにしても「世間の一般的な認識」として「非常に偏った新聞」なんですね。
それって朝日をはじめとする左派の吹聴なのかなと思いますけど。。

まあやっぱり橋下さんのブログでわかったことは、産経もキツイのはいる、
ってことでしょうね。
朝日にも良い人はいるんでしょう(希望的観測)、そういうことですかね。

記事は公平にとかはルールとしては明記してあってもいいかなと思いますが、
実際問題としてそんなことは不可能に近いのではないかなと思います。
例えば、とある記事を読んだAさんとBさんでは当然違う印象を受ける
可能性が高いだろうし、ってことかな。
人間てそんなもんですよ。アホって言われて喜ぶ人も怒り狂う人もいる(笑)。

しかしこの件で改めて思うのは、「左派の断末魔の叫び」です。
どうも作為的ななにかがあるだろうと思えてならない。

このままでは亡命するしかない左派の連中が策動しているとしか思えない。
反三馬鹿の人や人権擁護法案反対の人、女系天皇反対の人などなど・・・
やられてるのその系の人たちばかりだしね。
まあやっちゃってるから「やられる」んだけど、左派の連中はもっと
えげつないことを日本にしているということを考えると、やっぱり
何かあると思います。

保守言論人の方々、脇の締め、今一度ご確認ください。
今負けるわけにはいきませんから。


さてさて橋下さん、怒り収まらない模様(^^;;

橋下徹のつぶやきダイアリーさま「更なる怒り」

なんかね、出る杭は叩かれてる(結果的に左派の反撃の手伝い=売国行為)
状況なんだと思いますよいま。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■橋下徹

橋下徹橋下 徹(はしもと とおる、1969年6月29日 -)は日本の弁護士、タレント。大阪弁護士会所属、橋下綜合法律事務所代表。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。所属芸能事務所はタイタン (芸能プロダクション)|タイタン(業務提携。同社の顧問弁護士でも

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。