■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今更の「天覧競馬」

かれこれ何年も競馬場には足を運んでいないが、かつては桜花賞を見に、
早朝長蛇の列の一員になったこともある。
自慢といえば、ナリタブライアンの三冠単賞馬券を持っていることくらいか。


さて昨年の秋の天皇賞において、天皇皇后両陛下が競馬をご観戦されましたね。

勝ち馬であるヘヴンリーロマンスの馬上から、
両陛下へ一礼する松永騎手のその凛々しい姿に日本人の美しさを見ました。

そしてその際、騒がしかったスタンドが一瞬静まり返ったそうですね。

これこそ日本が天皇という存在を戴いている理由であろうと思います。
この空気を共感し持ちえることを、日本人として誇りに思いますし、
この上ない幸福感を感じます。




こんな感じのエントリを書きたかったんですが、タイミングを逃していたので
今になりました。
なぜ今になって取り上げたのかというと、こんなブログさまを読んだからです。
日本の元気さま「第132回 天皇賞(秋)(GⅠ)での出来事」
この日、場内に日の丸が揚がっていなかったというのです。
 いつもは、ターフビジョン近くに日の丸が揚がっているのですが、何故かこの日に限って揚がっていなかったというのです。感動のシーンに夢中になっており、この記事を読むまでそんなことが起こっているとは夢にも思っていませんでした。

(中略)

 さらに、ちょっと気になったのが、当日は来場していた外国要人の中に、「あの」王毅が入っていたというのです。そのために、弱腰の外務省が「日の丸を揚げないで」と横槍を入れたという説もささやかれているとか。外務省は否定しているということですが、王毅ごときが、のこのことこういう場所に出てくること自体が不快です。

両陛下のご臨席に国旗を掲揚していないとは何事だ。
外務省が王毅などという共産党の使い走りに気を使ったという説が
あるようですが、今までの外務省の動きを見ると信憑性がある。

そもそも何で王毅が来てるんだ?
何楽しんでるんだよ?
てめえに食わすタンメンどころか一粒の米も日本には無いんだよ。

せっかく松永騎手の美談で語り継がれる天皇賞になったと思っていたのに、
王毅風情のせいでぶち壊しだ。
謝罪と賠償を求めようか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■期限があります [ポール]

林檎さま、こんばんは。

当たり馬券は、60日以内に換金しないと無効になります。
ぼくの場合(このブライアンの三冠馬券)一番人気の単賞馬券でしかも100円すから、たとえ今3枚とも換金できたとしても500円にもなりません。。。

当時、当たり馬券を記念に残したい人のために、10円で馬券サイズでコピーしてくれる機械がありました。
今もあるのかどうか、さらにハイテク化されてるのかどうかはわからないですけどね。

■ご訪問ありがとうございます [林檎]

馬券をずっともってると
換金できないんですか?

それとも換金後かえしてくれるんですか?
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■第132回 天皇賞(秋)(G?)での出来事

■2666年11月10日 私は競馬に興味はないのだが、下記の記事は大変興味深く読ませてもらった。そしてやはり 女系天皇絶対 反対!! という想いを強くした。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。