■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■教育? 洗脳やんけそれは

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?(Sankei Web)
 卒業式、入学式での国歌斉唱が浸透するなか、「君が代」の替え歌がインターネット上などで流布されている。「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」などをモチーフにした内容だが、本来の歌詞とそっくり同じ発音に聞こえる英語の歌詞になっているのが特徴で、はた目には正しく歌っているかどうか見分けがつきにくい。既に国旗掲揚や国歌斉唱に反対するグループの間で、新手のサボタージュの手段として広がっているようだ。
 替え歌の題名は「KISS ME(私にキスして)」。国旗国歌法の制定以降に一部で流れ始め、いくつかの“改訂版”ができたが、今年2月の卒業シーズンごろには一般のブログや掲示板にも転載されて、広く流布するようになった。

 全国規模で卒業式、入学式での国旗掲揚、国歌斉唱に反対する運動を展開するグループのホームページなどでは、「君が代替え歌の傑作」「心ならずも『君が代』を歌わざるを得ない状況に置かれた人々のために、この歌が心の中の抵抗を支える小さな柱となる」などと紹介されている。

 歌詞は、本来の歌詞と発声が酷似した英語の体裁。例えば冒頭部分は「キス・ミー・ガール・ユア・オールド・ワン」で、「キー(ス)・ミー・ガー(ル)・ヨー・ワー(ン)」と聞こえ、口の動きも本来の歌詞と見分けにくい。

 歌詞の意味は難解だが、政府に賠償請求の裁判を起こした元慰安婦と出会った日本人少女が戦後補償裁判で歴史の真相が明らかにされていくのを心にとどめ、既に亡くなった元慰安婦の無念に思いをはせる-という設定だという。皇室に対する敬慕とはかけ離れた内容で、「国家は殺人を強いるものだと伝えるための歌」と解説したホームページもあった。

≪替え歌の詩と訳≫

【詞】

Kiss me, girl, your old one.
Till you’re near, it is years till you’re near.
Sounds of the dead will she know ?
She wants all told, now retained,
for, cold caves know the moon’s seeing the mad and dead.

【訳】

私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。

おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。

死者たちの声を知ってくれるのかい。

すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。

だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。

お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。

・・・気味悪い

一般と気持ちの違う人たち(略して「キ○ガイ」)の、
行き過ぎた自由の履き違えですね。
「はあ?」という問題を起こすのは大体こんな連中。
己のイデオロギーを子供たちに洗脳する、教育者を名乗る資格なし。


しかし元慰安婦っていわゆる「従軍慰安婦」のことですよね。
国:軍による強制があったかなかったが争点の。

よくもまあこんなバレてしまってるネタでいつまでもネチネチやってるね。
朝鮮の婆さんもええかげん良心の呵責に苛まれたりはしないのかな?
利用する日本人も外道の局地やけども、騙されてる純粋な人は
たまったもんじゃないわな。
オウムにでも騙される人がおるんやからある程度は仕方ないけど。
騙してる日朝の外道ども、絶対ろくな死に方せーへんで。覚悟しとけ。

国旗・国歌 サボタージュ横行(Sankei Web)
 式典での国旗掲揚、国歌斉唱に反対する教職員らのサボタージュは、国旗国歌法の制定や処分の徹底とともに形を変えながら変遷してきた。

 かつては、職員会議で校長を長時間つるし上げたり、式典会場に「Tシャツやゼッケンを着けて臨む」「暴れる」「やじる」などの妨害活動が相次いだ。

 平成11年の国旗国歌法施行によって、式典の静粛な運営を妨害したり、個人的な政治信条に基づき校長の職務命令に反する行為が処分対象となると、国歌斉唱時に起立しない無言の抵抗が横行。

 起立しない行為も処分対象となるが、式典前に起立の義務がないことの確認を裁判所に求める訴訟を起こし、不起立で処分されると再び処分取り消しを求める訴訟を多数起こすほか、弁護士会に人権救済を申し立てるケースもある。

 最近では、生徒に起立しないよう促したり、生徒の絵画作品などを国旗が掲示される壇上に展示し、わざと国旗が見えないように画策することも。生徒や保護者に壇上展示を校長へ願い出るように仕向けるなど、巧妙に処分を逃れながら国旗掲揚を阻止した例もある。

【2006/05/29 東京朝刊から】

こういう連中に限って民主主義マンセーって言うんでしょうね。

「公」の学校なんやから卒業させんと退学にすればええと思います。

そうすればこのアホの学歴が「小学校中退」とか「中学校中退」とかで
終わります。
連中なんやかんや文句たれてても、「公」のお墨付きが無いとどれだけ
小さな存在か思い知るでしょうから、そういう罰則もアリで良いと思う。

義務教育を受ける権利ーっとかって火病するでしょうかね。
なら日本国籍を捨て、民族学校でも行くなり、独学で勉強するなり
なんなりすればよろしい。


ぼくは基本的には、式典での国旗掲揚、国歌斉唱の法制化には反対です。
なぜなら法で定めなくても、そんなことは当たり前で、
言われなくても全員がそうするべきであると思うからです。

でも上で引用したようなキ○ガイ(気持ちの違う人ね(笑))が
大手を振って自由だ権利だとか抜かしているこの状況では、
致し方ないとも思う。

これは現状のあまりに左に偏っている状態から、
反動で右に行き過ぎてしまうかもしれない未来予想図への警告でもあります。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。