■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■とにかく関わるな

<ハングル熱>韓流ブーム冷めた? 大学で受講者数頭打ち(Yahoo.com)
 全国の大学で韓国・朝鮮語を学ぶ学生数が頭打ちになってきた。NHK教育テレビ「ハングル講座」のテキストの売れ行きも下降線。韓国の人気スターを追いかけるおばさまたちは相変わらず熱を上げているものの、大学関係者らは、韓流ブームに乗ったハングル学習熱は冷めたと分析する。その一方で、良質の指導者育成を目指す動きも始まっている。【鈴木琢磨】

 「明らかにピークは過ぎましたね」。そう語るのは韓国・朝鮮語教育の実態を調査している財団法人・国際文化フォーラム(東京都新宿区)の小栗章さん。例えば同志社大の新入生の受講者は約560人、前年から約100人減った。「03年以降、毎年5割ずつ増え、クラスも増設してきましたが……」(油谷幸利・同志社大言語文化教育研究センター教授)。早稲田大では新年度の全学年の受講者は約1800人、同じく右肩上がりだったのが初めて横ばいになった。

 もともと受講者数の少ない東大でも似たような現象が起きている。新入生で選択した学生は04年度が104人、05年度は85人、今年度は70人にまで減った。「韓流ブームであまりにも言語がメジャーになりすぎ、うちの学生は好奇心を失い、敬遠したのかもしれませんね」と生越直樹・東大大学院総合文化研究科教授は話す。

 一方、「冬のソナタ」で韓流ブームに火をつけたNHK。教育テレビ「ハングル講座」のテキスト4月号は、04年は増刷分を加え20万部発行。それでも書店で品切れが相次いだほどだった。05年もほぼ同部数発行したが、年間を通じての実売部数はかなり減ったとされ、今年は15万~16万部にまで落ち込んでいるとみられる。

 NHKの伊藤尚伸チーフプロデューサーは部数減を認めたうえで、こう言う。「残念ですが、ヨーロッパ言語も軒並み漸減傾向にある中、このくらいの数字ならまずまずですよ。ワールドカップの影響でドイツ語は好調ですが、その5倍も売れているわけでね。視聴者のニーズは多様化してきて、英語のように複数の番組づくりを検討しなければと考えています」

 大型書店に行けば、韓国・朝鮮語のテキストは中国語に劣らぬスペースで並ぶ。韓流映画で学ぶ韓国語といったカジュアルなスタイルが目につき、本格的入門書や中・上級者向け教材はほとんどない。教授法を習得しないまま、我流で教える教員も多い。大阪大大学院言語文化研究科の植田晃次助教授は現状を憂えている。

 「学習者は増えましたが、良質の教師が足りません。無資格医師の民間療法的なものが許容されています。また実用語学のみ重視され、買い物会話程度で日韓友好ができたかに錯覚されがちですが、文化の理解が深化しているのではありません。外国語学習の目的は他者への同化ではなく、自己を自覚し、他者を理解することですから」

 今月1日から、冒頭の国際文化フォーラムを会場に、韓国・朝鮮語教師のスキルアップの講座が始まった。学習者の減少が質の向上につながるきっかけになるかどうか、試練の時でもある。
(毎日新聞) - 6月12日13時9分更新


フォローにもなっていないヘタ嘘を真顔で吐く大学教授や
そもそもその現象があったか無かったかは別問題として、
犬HKがいわゆる「韓流ブーム」を焚きつけたとしたら、
先日TBSで報道された「統一教会と冬のソナタロケ地との関係」は
どう説明するのだろう。
なぜ、ドラマのロケ地(土産物屋だと記憶する)なんぞに統一教会が
絡んでいるのか?

芸能界にも有名な<被害者>がいることからも想像できるように、
相当な曲者が犬HN、メディアの側にもいるのだろう。
目が飛び出る利権が絡んでいるのだろう。卑しさの極み。
こういう連中もホリエやムラカミなどと同じ、
いやそれ以上に断罪されるべきであると思う。

参考に統一教会のTBS報道動画をリンクしておきます。
報道特集 再燃!統一教会による被害 1/3
報道特集 再燃!統一教会による被害 2/3
報道特集 再燃!統一教会による被害 3/3

まったく、騙される日本人も激烈にくだらないが、朝鮮人も酷い。
何か世界に貢献した朝鮮人というのもが存在するのか?
整形外科技術をほんの少し、向上させた以外に一体なにかあるのか?

とにかく、朝鮮人に絡んではならない。
ろくなもんじゃない。日々その思いを強くする一方だ。

あ、そうそう、ワールドカップ盛り上がってますか。
今日は日本戦ですが、ドイツでもパブリックビューでもスポーツバーでも
気をつけてくださいよ。
イバラの道 最終章 第3国開催で“有”観客にしてよ(nikkansports.com)より抜粋
私が宿泊していたホテルには韓国のサポーターも多数宿泊していたので、一触即発の場面が何度かありました。彼らは韓国戦に勝って喜ぶ日本人を怒鳴りつけてきたり、廊下ですれ違う時に肩をぶつけて挑発してきました。挙句の果てには日本人の女性サポーターを韓国のサポーターが部屋に連れ去ってしまったのです。これには、さすがに日本のサポーターたちも事態の重大さに気付き、何人かで拉致された女性を助けに行きました。彼らは拉致に対する罪悪感がまるでないようで、本当に恐ろしく、そして怒りを感じました。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。