■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■根拠は見えるから・・・でも見えるとした根拠はない

竹島問題 歴史認識違い浮き彫り(山陰中央新報)
 島根県が設置する竹島問題研究会の第九回会合が二十五日、松江市内であり、韓国側の研究者として初めて、慶尚北道の大邱大学校日本学科の専任講師、崔長根(チェ・ジャングン)氏(43)が意見発表した。日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、韓国領であると主張したが、政治学が専門とあって、歴史認識で研究会側と議論がかみ合わなかった。

 個人的な見解として意見発表した崔氏は、于山国(現在の鬱陵島)が新羅に帰属した五一二年から、朝鮮が入島、居住を禁止する空島政策を取る一四三八年ごろまでの間は「鬱陵島からは、天気の良い日には独島が見えており、朝鮮には東海(日本海)に二つの島があるとの認識があった」とし、竹島への認識が日本より以前からあったと指摘。

 「領土問題は国家間で解決するものだが、見えるというのは(領土権を決める)大きな論拠になる」と述べた。

 ただ、研究会座長を務める下條正男拓殖大教授が、鬱陵島から独島が見えるとした根拠を問いただしたのに対し、崔氏は自らが歴史の専門でないと断った上で「古代には文献がない」とし、明確な回答を示さなかった。

 意見発表後、下條氏は「歴史認識で議論がかみ合わなかったが、韓国側の研究者に参加してもらえたことは、民間レベルで研究を進める第一歩になる」と評価。「近い将来、歴史研究者と意見交換したい」と述べた。

 研究会は九月下旬に開く次回会合でも、韓国側の研究者を招く予定。

 また、この日は、浜田市文化財審議会委員の森須和男氏が、江戸時代に石見地方へ漂着した朝鮮国船の動向などについて発表した。

見えるときもあると思うけど証拠はない。

こういうことを大学の講師をしているこの朝鮮人は言ってます。

そんな根拠であれだけ異常なマンセーしてるってことですかね。
思い込みたくて仕方ない様子がアリアリなんですけど。

朝鮮人を入れて議論するのは大事なことかもしれない。
ルールを守らないと精神的に落ち着かない多くの日本人は、
やっぱりそこまでして手を差し伸べてやる。

しかし、朝鮮人とまともな議論になることがあるのか。
テレビを見ても、自分の経験から言っても不可能に近いと思う。

朝鮮マンセーと言って向こうの自尊心が満たされないと
話にならないんだから。

案の定今回も「話にならない」ことははっきりしました。
どこかで区切りつけて「柔」から「剛」への転換も必要です。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。