■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝日ってほんとに

A級戦犯、広田元首相の遺族 「靖国合祀合意してない」(asahi.com)
 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑された広田弘毅元首相が靖国神社に合祀(ごうし)されていることについて、孫の元会社役員、弘太郎氏(67)が朝日新聞の取材に応じ、「広田家として合祀に合意した覚えはないと考えている」と、元首相の靖国合祀に反対の立場であることを明らかにした。靖国神社は、遺族の合意を得ずに合祀をしている。処刑された東条英機元首相らA級戦犯の遺族の中で、異議を唱えた遺族は極めて異例だ。

 靖国神社へのA級戦犯の合祀をめぐっては今月、昭和天皇が不快感を示したとされる88年当時の宮内庁長官のメモが明らかになっている。

 弘太郎氏は広田元首相の長男、弘雄氏(故人)の長男。6人いた元首相の子は、全員他界している。

 A級戦犯が合祀された78年当時について、弘太郎氏は「合意した覚えはない。今も靖国神社に祖父が祀(まつ)られているとは考えていない」と話した。靖国に絡むこれらの思いは「広田家を代表する考え」としている。

~中略~

 弘太郎氏は「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった戦没者を思い手を合わせている。祖父は軍人でもなければ、戦没者でもない。靖国神社と広田家とは関係ないものと考えている」と話した。

 靖国神社広報課は「広田弘毅命に限らず、当神社では御祭神合祀の際には、戦前戦後を通して、ご遺族に対して御連絡は致しますが、事前の合意はいただいておりません」としている。

 広田元首相の伝記小説「落日燃ゆ」の著者、城山三郎さんは「広田さんのご遺族の思いを聞いて、やっぱりそうか、との思いが深い。ご遺族の言葉に付け足す言葉はない。広田さんだったらどう思うか、どうしただろうか、熟慮したうえでの考えだと思う」と話している。

    ◇ (以下略:全文は「続きを読む」に貼り付けます)

ちょうど今「落日燃ゆ」を読んでいるところです。
まだ半分にも達していませんが正にタイミング。
まあ広田弘毅命も首相になるタイミングが・・・てことも思ったり。

写真は一昨年の春に福岡を旅した際に撮影した広田弘毅像です。

さて、記事について。

まずなんですかこのタイトル。
遺族が合意していないから、靖国神社へのA級戦犯合祀はダメだーっ
て言いたいのかしら。
いや朝日だから台湾の中共勢力ために合祀すること自体合意が必要だーっ
て言いたいのだろう。
「必要だと思いませんか?そう思わないアナタは酷い人ですよ」って
まじめな日本人を脅している。これがまたコロっといくんですよね。

ホント朝日ってどこまで薄汚れた心を持っているんでしょうね。
「言葉のチカラ」を存分に発揮してますね(モチロンイヤミデス)。

そもそも日本に戦犯などいないということを、
朝日は永遠に理解できないのだろうか。
朝鮮人とまともに話しができないのと同じ次元ではないか。

ましてや広田弘毅命などは世紀の茶番「東京裁判」の最大の被害者の
お一人ではないか。
そんな方までわざわざ持ち出してきて取材して「ほれ遺族も反対だー」
ってやるその腹の底のドス黒さ。TBS同様早く抹殺されるべきでしょう。

お孫さんの「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった
戦没者を思い手を合わせている。」という言葉。
これまったくぼくと同じです。
生き残った者の子孫として、人間そして日本人として「公式」参拝する。
彼が「じいちゃんはここにはいない」と思ってるのなら何の問題もない。
確か現東京都知事も「A級戦犯について祈るつもりは毛頭ない」と
発言していますね。それも別に良いと思う。
神社は「魂」を祀るところですから、その「魂」がいないと思うなら
いないことになる。
そもそもいないんだから頭を下げる必要もないってことになりますから。

靖国神社にいらっしゃるのは、
日本のために命を捧げてお亡くなりになった「英霊」です。
その方々を政治的に利用する朝日は絶対に許せません。
A級戦犯、広田元首相の遺族 「靖国合祀合意してない」(asahi.com)
 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑された広田弘毅元首相が靖国神社に合祀(ごうし)されていることについて、孫の元会社役員、弘太郎氏(67)が朝日新聞の取材に応じ、「広田家として合祀に合意した覚えはないと考えている」と、元首相の靖国合祀に反対の立場であることを明らかにした。靖国神社は、遺族の合意を得ずに合祀をしている。処刑された東条英機元首相らA級戦犯の遺族の中で、異議を唱えた遺族は極めて異例だ。

 靖国神社へのA級戦犯の合祀をめぐっては今月、昭和天皇が不快感を示したとされる88年当時の宮内庁長官のメモが明らかになっている。

 弘太郎氏は広田元首相の長男、弘雄氏(故人)の長男。6人いた元首相の子は、全員他界している。

 A級戦犯が合祀された78年当時について、弘太郎氏は「合意した覚えはない。今も靖国神社に祖父が祀(まつ)られているとは考えていない」と話した。靖国に絡むこれらの思いは「広田家を代表する考え」としている。

 広田元首相は処刑された7人のA級戦犯のうち唯一の文官。外相当時に起きた37年12月からの南京大虐殺で、残虐行為を止めるよう閣議で主張しなかった「不作為の責任」などが問われた。一方で軍部の圧力を受けつつ終始戦争に反対していたとの評価もあり、オランダのレーリンク判事は「軍事的な侵略を提唱した日本国内の有力な一派に賛同しなかった」などとして、元首相の無罪を主張する意見書を出している。

 広田家の菩提(ぼだい)寺は故郷の福岡にあるが、遺族は元首相の遺髪を分けて鎌倉の寺に納め、参拝している。55年4月、旧厚生省は横浜で火葬されたA級戦犯7人の遺灰を各遺族に引き渡そうとしたが、広田家だけは受け取らなかった。弘太郎氏によると、戦犯遺族でつくる「白菊遺族会」にも参加しなかった。

 弘太郎氏は「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった戦没者を思い手を合わせている。祖父は軍人でもなければ、戦没者でもない。靖国神社と広田家とは関係ないものと考えている」と話した。

 靖国神社広報課は「広田弘毅命に限らず、当神社では御祭神合祀の際には、戦前戦後を通して、ご遺族に対して御連絡は致しますが、事前の合意はいただいておりません」としている。

 広田元首相の伝記小説「落日燃ゆ」の著者、城山三郎さんは「広田さんのご遺族の思いを聞いて、やっぱりそうか、との思いが深い。ご遺族の言葉に付け足す言葉はない。広田さんだったらどう思うか、どうしただろうか、熟慮したうえでの考えだと思う」と話している。

    ◇

 〈キーワード:広田弘毅元首相〉 1878年生まれ。1933年9月に外相、2・26事件直後の36年3月に首相就任。再度外相に就いた直後の37年7月、日中戦争のきっかけとなった盧溝橋事件発生。紛争の泥沼化を防げなかった。敗戦後、東京裁判に起訴され、48年12月、東条英機元首相ら他の6人のA級戦犯とともに巣鴨拘置所で処刑された。

■合祀決定権は神社に

 靖国神社の合祀の審査は戦前、神社を所管する陸海軍省が行ったが、戦後は宗教法人となった神社に決定権が移り、旧厚生省や各都道府県に照会した戦死者らの資料に基づき判断した。審査の過程で遺族の合意を得ることはなく、過去には太平洋戦争で戦死した台湾先住民の遺族らが「無断で祀るのは民族の意思に反する」として合祀取り下げを求めたが、神社側は「神として祀った霊を分けることはできない」と断っている。

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

橘さん、こんばんは。

> 昭和天皇の発言メモ事件もそうだが、亡くなった方をダシにするというのは『不敬の極み』だというのがわからないんですね。

まったくそのとおりです。
「不敬」だと思ってないから、いやそもそも尊敬の対象としていないからそうなるんでしょうけど、そうならそうとはっきりしてほしいものです。
朝日新聞は皇室の存在を認めません、とかね。

■ [橘]

 馬鹿馬鹿しいからコメントしなくてもいいんですけど…
 広田氏のお孫さんは「祖父は軍人でも戦没者でもない」と言っているだけであって、靖国神社を批判しているわけではないですね。

 でも、朝日は靖国批判をしているかのような「印象操作」をやっているわけですね。

 戦後いわゆる「戦犯」として犠牲になったのは1068名。日本降伏後も続いていた「戦争状態」の中で、いわば『人身御供』で殺された方の名誉を守り、霊を弔う為に合祀をしていますね。

 もちろん広田氏は文民ですが、理不尽な裁判の中で、日本の名誉を守る為その身を捧げたという意味で「昭和殉難者」として祀っているわけです。

 霊は見えません。あるといえばある、ないといえばない、そんなものです。
 遺族としてはあそこには広田氏の霊はいないと思うのであればそれでいいんです。

 昭和天皇の発言メモ事件もそうだが、亡くなった方をダシにするというのは『不敬の極み』だというのがわからないんですね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■広田弘毅

広田弘毅広田 弘毅(廣田 弘毅)(ひろた こうき、1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は日本の外交官、政治家。第32代内閣総理大臣。生涯 生い立ち 1878年2月14日、福岡県那珂郡 (筑前国)|那珂郡鍛冶町(現・福岡市中央区 (福岡市

■靖国神社と遺族

最近、朝日新聞やFujiSankei Business-i(佐藤優氏の文章)で廣田弘毅氏、東郷茂徳氏の遺族(孫)の意見・意向が記事の材料となった。いわゆる「A級戦犯」にも当然ながら遺族がいる。有名な人物では板垣征四郎氏の

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。