■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日本の中に敵はいる

「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示(読売新聞)
 【北京=藤野彰】中国の江沢民・前国家主席(前共産党総書記)が在任中の1998年8月、在外大使ら外交当局者を一堂に集めた会議の席上、「日本に対しては歴史問題を永遠に言い続けなければならない」と指示し、事実上、歴史問題を対日外交圧力の重要カードと位置付けていたことが、中国で10日発売された「江沢民文選」の記述で明らかになった。

 中国は胡錦濤政権に移行した後も一貫して歴史問題を武器に対日圧力をかけ続けており、江氏の指針が現在も継承されているとすれば、歴史問題をめぐる中国の対日姿勢には今後も大きな変化が期待できないことになりそうだ。

 同文選(全3巻)は江氏の論文、演説などを集大成したもので、これまで未公開だった重要文献を多数収録。江氏は同年8月28日に招集した在外使節会議で国際情勢について演説、この中で対日関係に言及し、歴史問題の扱いをめぐる指針を示した。


日本政府はそろそろ本気で国内の反日勢力を排除せねばならんと思う。

中共は永遠に歴史問題を引き出して日本に譲歩させる。
反日勢力はそれを嬉々として受け入れ支持する。
結果日本は莫大なカネと毟り取られ、
そのおこぼれに預かる反日勢力が汚いカネでさらに勢力を拡大させる。

中共が外交カードとして歴史問題を出すのはまあ仕方ない。
しかしそれに乗っかる日本の反日勢力こそ、
本当のゴミ野郎だということを、そのことを認識する必要がある。

カードを切ってきても日本は動じない、国内がその体勢でないと、
また江の傭兵のような売国奴が現れては我々の税金を暗黒大陸に
ばら撒いて帰ってくるってことを繰り返すことになる。

敵は日本の国内にいる。
しかもその中には日本人もいる。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

橘さん、こんにちは。

東中野先生の御本、手元にあります。
一部その程度の考証で良いのかなと思う部分もありますが、かなりわかりやすくて、いかにあの「事件」が悪趣味な捏造ばかりに彩られた政治的宣伝なんだろうと、改めて認識します。

>問題はわかっててそれに乗っかるマスゴミです。
これはほんまに罪が重い。
いつも言いますが、世論が振り切れたとき、彼らに訪れる悲劇的な結末を心配しています。
ぼくはそれを積極的に支持はしませんが、自業自得だと傍観すると拙ブログでも何度も宣言しています。

■ [橘]

 日本人は騙されやすいから(誉めてはいませんよ)。
 例えば南京事件でも30万人殺害が一人歩きしてるでしょ。
 南京事件の世界での第一人者である東中野修道氏が、南京大虐殺の証拠といわれている写真を全て「誤用」と結論付けてます。

 で、この話は終了。なぜか?

 立証責任は原告にあります。被告はそれが立証されなければ「無罪」これは裁判の常識。
 なのにウソを堂々と言う支那。だからプロパガンダなんですよ。

 問題はわかっててそれに乗っかるマスゴミです。奴ら絶対わかってますよ。自分の社の歴史知らなかったらそれこそ「アホ」です。
 新聞とか雑誌はちゃんと残ってますから。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■江沢民氏/歴史問題永久に追求

江沢民・前国家主席が在任中の会議にて、「日本に対して、歴史問題を永遠に言い続よ」と指示した事が明らかになった。 10日に中国全土で発売された、「江沢民文選」の記述より明らかになったもの。【関連記事】日本経済新聞:江沢民氏「日本には歴史問題を終始強調」・文

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。